電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-26 13:30
[ポスター講演]超伝導量子ビット二次元集積量子系上での交差共鳴ゲート
部谷謙太郎三上聖人アマルサナー ダワースレン竹田悠大河アキル プラタップ シンクー河野信吾東大)・鈴木泰成NTT)・日塔光一楠山幸一理研)・玉手修平田渕 豊東大)・中村泰信東大/理研
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 大規模量子計算の実現には、量子謝り訂正の実装が不可欠である。しかし、現在最も有望視されている量子誤り訂正符号の一つである表面符号の実装には拡張可能な構成に基づく量子ビット二次元集積系が要求され、高い技術的障壁となっている。発表者らは三次元同軸共振器を用いた超伝導量子ビット垂直制御系を実現し、その二次元集積化に取り組んでいる。本発表において、発表者らは同集積系上における二量子ビットゲートの一つである交差共鳴ゲートの実装および評価について発表する。 
(英) Quantum Error Correction is indispensable for large-scale quantum computing. However, quantum error correction codes such as surface code requires two-dimensional integrated qubit system which is an extremely challenging task due to wiring. To address this wiring problem, we introduce a vertical control method for superconducting qubits by using three-dimensional coaxial resonators. In this presentation, we report our experimental results obtained from implementing the cross-resonance gate on our system.
キーワード (和) 量子計算 / 超伝導量子ビット / マイクロ波技術 / / / / /  
(英) Quantum Computation / Superconducting qubits / Microwave engineering / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2018-11-26 - 2018-11-27 
開催地(和) 東京大学 
開催地(英) The University of Tokyo 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2018-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超伝導量子ビット二次元集積量子系上での交差共鳴ゲート 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cross-Resonance gate on 2D-integrated system of superconducting qubits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子計算 / Quantum Computation  
キーワード(2)(和/英) 超伝導量子ビット / Superconducting qubits  
キーワード(3)(和/英) マイクロ波技術 / Microwave engineering  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 部谷 謙太郎 / Kentaro Heya / ヘヤ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 聖人 / Kiyoto Mekami / Kiyoto Mikami
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) アマルサナー ダワースレン / Amarsanaa Davaasuren / アマルサナー ダワースレン
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹田 悠大河 / Yutaka Takeda / タケダ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) アキル プラタップ シンクー / Akhil Pratap Singh / アキル プラタップ シンクー
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 信吾 / Singo Kono / コウノ シンゴ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 泰成 / Yasunari Suzuki / スズキ ヤスナリ
第7著者 所属(和/英) NTT セキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 日塔 光一 / Koh-ich Nittoh / ニットウ コウイチ
第8著者 所属(和/英) 理化学研究所 創発物性科学研究センター (略称: 理研)
Research Center for Advanced Science and Technology (略称: RIKEN)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 楠山 幸一 / Koichi Kusuyama / クスヤマ コウイチ
第9著者 所属(和/英) 理化学研究所 創発物性科学研究センター (略称: 理研)
Research Center for Advanced Science and Technology (略称: RIKEN)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉手 修平 / Shuhei Tamate / タマテ シュウヘイ
第10著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 田渕 豊 / Yutaka Tabuchi / タブチ ユタカ
第11著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 泰信 / Yasunobu Nakamura / ナカムラ ヤスノブ
第12著者 所属(和/英) 東京大学/理化学研究所 創発物性科学研究センター (略称: 東大/理研)
The University of Tokyo/Research Center for Advanced Science and Technology (略称: UT/RIKEN)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-26 13:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会