電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-26 13:30
[ポスター講演]グラフ畳み込みを用いたトポロジカル表面符号のデコーディング
ダワースレン アマルサナー東大)・鈴木泰成NTT)・藤井啓介京大)・中村泰信東大
抄録 (和) フォールトトレラントな量子計算の実現には量子誤り訂正符号が不可欠である。そのためには、符号化したエラーを高精度かつ高速に復号する必要があり、機械学習を用いた手法の研究が近年盛んに行われている。 発表者らは、これら既存手法で扱うことのできなかったトポロジカル表面符号の構造やエラーの相関を考慮できるグラフ畳み込みネットワークを用いた手法を提案し、数値計算の結果を示す。 
(英) Quantum Error Correction (QEC) is vital for fault tolerant quantum computation and requires fast and high-performance decoder. In recent years, a large number of methods for machine learning based decoders have been proposed. However, none of them explicitly utilize the local connection of the error correction codes, such as color codes and rotated surface code, or the correlation of the X and Z syndrome qubits in the case of depolarizing noise models. In this presentation, we address these problems by deploying Graph Convolutional Network (GCN) and show numerical results obtained from it.
キーワード (和) 量子誤り訂正 / グラフ畳み込み / 機械学習 / / / / /  
(英) Quantum Error Correction / Graph Convolutional Network / Machine learning / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2018-11-26 - 2018-11-27 
開催地(和) 東京大学 
開催地(英) The University of Tokyo 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2018-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グラフ畳み込みを用いたトポロジカル表面符号のデコーディング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Graph Convolutional Network for Topological stabilizer code. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子誤り訂正 / Quantum Error Correction  
キーワード(2)(和/英) グラフ畳み込み / Graph Convolutional Network  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ダワースレン アマルサナー / Amarsanaa Davaasuren / ダワースレン アマルサナー
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 泰成 / Yasunari Suzuki / スズキ ヤスナリ
第2著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 啓介 / Keisuke Fujii / フジイ ケイスケ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 泰信 / Yasunobu Nakamura / ナカムラ ヤスノブ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-26 13:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会