電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-23 13:00
[招待講演]Error-correction in neuro-inspired spike signaling
Ferdinand PeperNICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Inspired by the spike-based signaling between neurons, we introduce impulse-based signaling for wireless communication, and show how robustness to errors can be achieved. The scheme is able to separate mixtures of spike-based messages by employing pattern recognizers that are dynamically sensitive to spike-based messages satisfying specific conditions. As a result, the scheme is extremely robust to collisions of messages. Furthermore, the time required to get a message through from one node to another decreases by one to two orders of magnitude, as compared to spike-based ALOHA-inspired schemes, even when there are many nodes that simultaneously broadcast their impulse-based messages. Key to achieving this performance is the formulation of a new type of finite automaton that can recognize spiking patterns over time. We discuss these so-called "spike automata", and show how they can be used in the decoding of individual messages from a mixture of messages. 
(英) Inspired by the spike-based signaling between neurons, we introduce impulse-based signaling for wireless communication, and show how robustness to errors can be achieved. The scheme is able to separate mixtures of spike-based messages by employing pattern recognizers that are dynamically sensitive to spike-based messages satisfying specific conditions. As a result, the scheme is extremely robust to collisions of messages. Furthermore, the time required to get a message through from one node to another decreases by one to two orders of magnitude, as compared to spike-based ALOHA-inspired schemes, even when there are many nodes that simultaneously broadcast their impulse-based messages. Key to achieving this performance is the formulation of a new type of finite automaton that can recognize spiking patterns over time. We discuss these so-called "spike automata", and show how they can be used in the decoding of individual messages from a mixture of messages.
キーワード (和) Spikes / Error Correcting Codes / Resource-restricted networks / Low energy consumption / Spike automata / Impulses / /  
(英) Spikes / Error Correcting Codes / Resource-restricted networks / Low energy consumption / Spike automata / Impulses / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 316, CCS2018-42, pp. 51-56, 2018年11月.
資料番号 CCS2018-42 
発行日 2018-11-15 (CCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CCS  
開催期間 2018-11-22 - 2018-11-23 
開催地(和) 神戸大学 
開催地(英) Kobe Univ. 
テーマ(和) 相互作用と情報伝達・情報処理,一般 
テーマ(英) Interaction and Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CCS 
会議コード 2018-11-CCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Error-correction in neuro-inspired spike signaling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Spikes / Spikes  
キーワード(2)(和/英) Error Correcting Codes / Error Correcting Codes  
キーワード(3)(和/英) Resource-restricted networks / Resource-restricted networks  
キーワード(4)(和/英) Low energy consumption / Low energy consumption  
キーワード(5)(和/英) Spike automata / Spike automata  
キーワード(6)(和/英) Impulses / Impulses  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Ferdinand Peper / Ferdinand Peper /
第1著者 所属(和/英) National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-23 13:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 CCS 
資料番号 IEICE-CCS2018-42 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.316 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CCS-2018-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会