電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-22 15:30
ハイブリッドビームフォーミングを用いる高SHF帯マルチユーザMassive MIMOにおける低演算ユーザ選択法
野中信秀村岡一志須山 聡増野 淳奥村幸彦NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 超高速・大容量を実現する第5世代(5G)無線アクセスネットワークでは,広い帯域幅が確保可能な高SHF帯などでのMassive MIMO技術の導入が検討されている.筆者らはこれまで,アナログ固定ビームフォーミング(BF)とチャネル情報に基づくデジタルプリコーディングの結合処理(FBCP)を用いるマルチユーザMassive MIMO技術について検討を行ってきた.マルチユーザMIMOでは,ユーザ間干渉の小さい,直交性の高いユーザを選択する必要があり,Massive MIMOで大きくなる演算量の削減が課題となる.そこで筆者らはこれまで,低演算量ながらユーザの直交度を基にユーザを選択する,2段階ユーザ選択法を提案した.しかし,先の提案法ではユーザ間の公平性については考慮されていなかった.そこで本稿では,ユーザ間の公平性を考慮しつつ高いシステム効率を実現するユーザ選択法を提案する.提案法は初めに,最後にユーザ選択された時のスループットを用いてプロポーショナルフェア型のメトリックを基に仮ユーザ選択する.次に,仮ユーザに対してCSIに基づくCDUS(Chordal Distance User Selection)型のユーザ選択を行う.提案法を導入したFBCPを用いる高SHF帯マルチユーザMassive MIMOにおけるスループット特性を計算機シミュレーションにより求め,提案法の有効性を明らかにする. 
(英) The 5th Generation (5G) radio access network will introduce Massive MIMO technology at higher frequency bands with wider bandwidth and Massive MIMO technology for realizing super high bit rate. As a practical method of multi-user Massive MIMO at such higher frequency bands, joint processing of fixed analog beamforming and channel state information-based precoding (FBCP) has been studied. In the multi-user Massive MIMO, a user selection algorithm for spatial multiplexing is important to avoid inter-user interference. On the other hand, computational complexity of the user selection algorithm becomes prohibitively high when the number of antenna elements increases. To lower the complexity, 2-step user selection algorithm based on chordal distance user selection (CDUS) has been proposed. However, the user selection algorithm could not take into account user fairness. Therefore, this report proposes user selection algorithm to achieve both the high system capacity and user fairness. The proposed method firstly selects users based on proportional fairness metric using the latest throughput when the users were selected in the scheduling. Then CDUS is applied to the firstly selected users as the second step of user selection. Computer simulations for multi-user Massive MIMO verify that the proposed algorithm can achieve user fairness and high throughput performance.
キーワード (和) 5G / 高SHF帯 / マルチユーザMassive MIMO / ハイブリッドビームフォーミング / ユーザ選択 / / /  
(英) 5G / high SHF band / multi-user Massive MIMO / hybrid beamforming / user selection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 311, RCS2018-214, pp. 205-210, 2018年11月.
資料番号 RCS2018-214 
発行日 2018-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2018-11-20 - 2018-11-22 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハイブリッドビームフォーミングを用いる高SHF帯マルチユーザMassive MIMOにおける低演算ユーザ選択法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low Complexity User Selection Algorithm for High SHF Band Multi-User Massive MIMO Using Hybrid Beamforming 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 高SHF帯 / high SHF band  
キーワード(3)(和/英) マルチユーザMassive MIMO / multi-user Massive MIMO  
キーワード(4)(和/英) ハイブリッドビームフォーミング / hybrid beamforming  
キーワード(5)(和/英) ユーザ選択 / user selection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野中 信秀 / Nobuhide Nonaka / ノナカ ノブヒデ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 (略称: NTTドコモ)
5G Laboratories, NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 一志 / Kazushi Muraoka / ムラオカ カズシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 (略称: NTTドコモ)
5G Laboratories, NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satosi Suyama / スヤマ サトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 (略称: NTTドコモ)
5G Laboratories, NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / Jun Mashino / マシノ ジュン
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 (略称: NTTドコモ)
5G Laboratories, NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 (略称: NTTドコモ)
5G Laboratories, NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-22 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-214 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 pp.205-210 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会