電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-22 11:00
5G超高密度分散アンテナシステムにおける送信点の配置およびアンテナ構成に関する検討
大山哲平熊谷慎也瀬山崇志富士通)・秋山千代志富士通研)・伊達木 隆関 宏之箕輪守彦富士通)・奥山達樹増野 淳須山 聡奥村幸彦NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは,5G移動通信の大容量化技術として,ホットスポットに送信点(TP)を高密度に配置し,集約ベースバンド基地局から協調制御する超高密度分散アンテナシステムの研究開発を行っている.これまでにシミュレーションや実験を通じて協調マルチユーザ(MU)-MIMOの適用効果を示してきた.また,アンテナ素子のTPへの配置について,複数のTPに分散して配置する構成から一つのTPに集中して配置する構成まで柔軟に可能なシステムを検討している.置局設計観点では,レイアウトや景観の観点からTPを必ずしも最適点に配置できない状況が考えられる.このとき,アンテナの分散配置により見通し(LOS)を確保しやすくなり,高スループットを得られる可能性がある.本報告では,実験の事前検討として屋内ホットスポットを模擬した3次元伝搬モデルを用いたシミュレーション評価を行う.結果より,アンテナの分散配置により集中配置と比較してセル端スループットが改善し,TP配置による影響が小さくなることを示す.また,TPを分散配置可能な範囲が制限される場合においても,少なくとも1台のTPがLOSとなる確率が高くなるように配置することでスループットが大きく改善することを示す. 
(英) We are promoting the ultra high-density distributed antenna systems toward the realization of high-capacity technologies for 5G mobile system, where transmission points (TPs) are densely deployed at hotspots and they are orchestrated through the centralized baseband unit. We have shown the effectiveness of our proposed system through computer simulations and experiments. In addition, we are also targeting to realize the flexible system, which can be configured by collocated antenna deployment and also by distributed antenna deployment. In terms of cell design, the deployment of TPs may be limited due to the scenery and layout of room. In this case, it is expected that the throughput is improved by distributing antennas because the channel is line-of-sight (LOS) with a high probability. In this report, as a pre-study before the experiment, we evaluate the performance by the computer simulation utilizing the 3D propagation model which emulates an indoor hotspot. The result shows that distributed antenna deployment can improve the cell-edge throughput compared with collocated antenna deployment, and mitigate the impact of TP deployment. In addition, the result also shows that, when the area where TPs can be deployed is limited, the throughput can be significantly improved by deploying TPs to make at least a channel of TP LOS with a high probability.
キーワード (和) 5G / 超高密度分散アンテナシステム / 送信点配置 / MU-MIMO / レイトレーシング / 屋内環境 / /  
(英) 5G / Ultra high-density distributed antenna system / TP deployment / MU-MIMO / Ray tracing / Indoor environment / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 311, RCS2018-207, pp. 167-172, 2018年11月.
資料番号 RCS2018-207 
発行日 2018-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2018-11-20 - 2018-11-22 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5G超高密度分散アンテナシステムにおける送信点の配置およびアンテナ構成に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Deployment and Antenna Configuration of Transmission Point for 5G Ultra High-Density Distributed Antenna Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 超高密度分散アンテナシステム / Ultra high-density distributed antenna system  
キーワード(3)(和/英) 送信点配置 / TP deployment  
キーワード(4)(和/英) MU-MIMO / MU-MIMO  
キーワード(5)(和/英) レイトレーシング / Ray tracing  
キーワード(6)(和/英) 屋内環境 / Indoor environment  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 哲平 / Teppei Oyama / オオヤマ テッペイ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Ltd. (略称: Fujitsu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 慎也 / Shinya Kumagai / クマガイ シンヤ
第2著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Ltd. (略称: Fujitsu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬山 崇志 / Takashi Seyama / セヤマ タカシ
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Ltd. (略称: Fujitsu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋山 千代志 / Chiyoshi Akiyama / アキヤマ チヨシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: FLAB)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊達木 隆 / Takashi Dateki / ダテキ タカシ
第5著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Ltd. (略称: Fujitsu)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 宏之 / Hiroyuki Seki / セキ ヒロユキ
第6著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Ltd. (略称: Fujitsu)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 箕輪 守彦 / Morihiko Minowa / ミノワ モリヒコ
第7著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Ltd. (略称: Fujitsu)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 達樹 / Tatsuki Okuyama / オクヤマ タツキ
第8著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT docomo, inc. (略称: NTT docomo)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / Jun Mashino / マシノ ジュン
第9著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT docomo, inc. (略称: NTT docomo)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama /
第10著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT docomo, inc. (略称: NTT docomo)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura /
第11著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT docomo, inc. (略称: NTT docomo)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-22 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-207 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 pp.167-172 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会