電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-21 13:30
An analytic signal with a cosine series envelope for excitation source analyses of voiced speech -- Practical substitute of Flanagan's equation --
Hideki KawaharaWakayama Univ.)・Ken-Ichi SakakibaraHealth Science Univ.)・Hideki BannoMeijyo Univ.)・Masanori MoriseUniv. Yamanashi
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 瞬時周波数と群遅延は,それぞれ位相の時間微分と周波数微分として定義されており,そのままでは,逆三角関数や位相のunwrapという脆弱で効率の悪い演算を必要としていた。Flanaganによって1966年に紹介された信号の瞬時周波数を求める式は,これらを必要とせず,群遅延の計算にも応用できることから広く用いられてきた。しかし,マルチメディア処理の普及により,最近の処理系では逆三角関数の計算を高速に実行することができるため,明示的に位相を経由することなく瞬時周波数と群遅延の計算を実装することができようになった。ここでは,サイドローブの減衰が急峻な余弦級数を時間領域の振幅包絡とする解析信号をインパルス応答とするフィルタを用いて有声音の音源を分析する方法を提案する。 
(英) We introduce an analytic signal for excitation source analysis of voiced sounds. The envelope of the signal is a six-term cosine series with a highly attenuated side-lobe level and steep decay. The proposed method takes advantages of recently advanced instruction sets for handling trigonometric functions and their inverse functions. These efficient instruction sets make more direct implementation of instantaneous frequency and group delay based on their definitions than the widely used implementation using Flanagan’s equation, which does not require phase unwrapping, a fragile and inefficient procedure.
キーワード (和) 音源 / 瞬時周波数 / 群遅延 / 解析信号 / フィルタ / 余弦級数 / /  
(英) excitation source / instantaneous frequency / group delay / analytic signal / filter / cosine series / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 312, EA2018-63, pp. 1-5, 2018年11月.
資料番号 EA2018-63 
発行日 2018-11-14 (EA, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA ASJ-H EMM IPSJ-MUS  
開催期間 2018-11-21 - 2018-11-22 
開催地(和) ホテルこうしゅうえん(輪島市) 
開催地(英) Hotel Koshuen 
テーマ(和) <ビギナーズセッション>応用/電気音響,聴覚,音楽情報科学,コンテンツ処理,電子透かし,一般 
テーマ(英) [Beginners Session] Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, Music and Computer, Content Processing, Digital Watermarking, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-11-EA-H-EMM-MUS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An analytic signal with a cosine series envelope for excitation source analyses of voiced speech 
サブタイトル(英) Practical substitute of Flanagan's equation 
キーワード(1)(和/英) 音源 / excitation source  
キーワード(2)(和/英) 瞬時周波数 / instantaneous frequency  
キーワード(3)(和/英) 群遅延 / group delay  
キーワード(4)(和/英) 解析信号 / analytic signal  
キーワード(5)(和/英) フィルタ / filter  
キーワード(6)(和/英) 余弦級数 / cosine series  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 英紀 / Hideki Kawahara / カワハラ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 健一 / Ken-Ichi Sakakibara / ケンイチ サカキバラ
第2著者 所属(和/英) 北海道医療大学 (略称: 北海道医療大)
Health Science University of Hokkaido (略称: Health Science Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野 秀樹 / Hideki Banno / バンノ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijyo University (略称: Meijyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森勢 将雅 / Masanori Morise / モリセ マサノリ
第4著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. Yamanashi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-21 13:30:00 
発表時間 150 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2018-63,IEICE-EMM2018-63 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.312(EA), no.313(EMM) 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2018-11-14,IEICE-EMM-2018-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会