電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-21 14:50
機械学習を用いた偽サイト検知
栗原直樹辻 秀典橋本正樹情報セキュリティ大ICSS2018-56
抄録 (和) 近年、偽サイトによる被害が急増している。偽サイトは、あたかも本物であるかの様に儀網しているため、偽サイトを単純に検知することは難しく、現状では、数多く存在するサイトを人間が一つずつ目視で調査しているため、偽サイトの検知までに相当の時間がかかる事が課題となっている。本研究では、この課題を解決するために、機械学習を用いた偽サイトの検知手法を開発することで、現在人手に頼っている検知プロセスをある程度自動化し、偽サイト検知にかかる時間の短縮を目指す。本稿では、この目的のために、偽サイト検知の現状と課題を整理し、新規手法開発に向けた2回の実験を行った結果を報告する。 
(英) In recent years, the damage by fake site has been rapidly increasing. Because fake sites are ceremonious as if they are genuine, it is difficult to simply detect a fake site, and in the present situation, because humans are conducting surveys one by one for many sites that exist , It takes a considerable amount of time to detect fake sites. In this research, in order to solve this problem, by developing a fake site detection method using machine learning, it is possible to automate the detection process reliant on human hands to some extent and shorten the time taken for fake site detection aim. In this paper, for this purpose, we present the current status and problems of fake site detection and report the result of two experiments for developing new method.
キーワード (和) HTML / 機械学習 / サポートベクターマシン / 多層パーセプトロン / 偽サイト / 自然言語処理 / doc2vec /  
(英) HTML / Machine Learning / Support Vector Machine / Multilayer Perceptron / Spoofed Website / Natural language processing / doc2vec /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 315, ICSS2018-56, pp. 19-24, 2018年11月.
資料番号 ICSS2018-56 
発行日 2018-11-14 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICSS2018-56

研究会情報
研究会 ICSS  
開催期間 2018-11-21 - 2018-11-22 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報システム・セキュリティ、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2018-11-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機械学習を用いた偽サイト検知 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spoofed Website Detection using Machine Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HTML / HTML  
キーワード(2)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(3)(和/英) サポートベクターマシン / Support Vector Machine  
キーワード(4)(和/英) 多層パーセプトロン / Multilayer Perceptron  
キーワード(5)(和/英) 偽サイト / Spoofed Website  
キーワード(6)(和/英) 自然言語処理 / Natural language processing  
キーワード(7)(和/英) doc2vec / doc2vec  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 直樹 / Naoki Kurihara / クリハラ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: Institute of Information Security)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 秀典 / Hidenori Tsuji / ツジ ヒデノリ
第2著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: Institute of Information Security)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 正樹 / Masaki Hashimoto / ハシモト マサキ
第3著者 所属(和/英) 情報セキュリティ大学院大学 (略称: 情報セキュリティ大)
Institute of Information Security (略称: Institute of Information Security)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-21 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2018-56 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.315 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2018-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会