電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-21 10:40
非線形自己干渉キャンセラのためのラゲール陪多項式を用いた理論的性能解析
小松和暉宮路祐一上原秀幸豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 帯域内全二重通信は周波数利用効率を向上させるが,実現するためには自己干渉の除去が必要である.
自己干渉は送信機や受信機の増幅器で非線形な変換を受けるため,非線形性に対応した自己干渉キャンセラが開発されてきた.
しかし,現在までに提案されてきた非線形キャンセラについての理論的な性能解析は十分に行われていない.
本報告では増幅器やキャンセラの非線形特性をラゲール陪多項式からなる正規直交基底を用いた一般フーリエ級数で表し,その結果を用いてキャンセラの性能を理論的に解析する.
提案解析手法と等価低域系シミュレーションをソフトリミットモデル,Rappモデルの二つの状況で比較し,提案手法がキャンセラの性能解析に有効であることを示す. 
(英) Self-interference cancellation is necessary to realize in-band full duplex communications, which improve the spectral efficiency compared with half duplex.
Nonlinear self-interference cancellers have been developed because self-interference is nonlinearly distorted by amplifiers of the transmitter and receiver.
However, there is not enough research about theoretical analysis of nonlinear cancellers which have been proposed to date.
In this study, we theoretically analyze performance of cancellers using generalized Fourier series expansions of nonlinear characteristics of amplifiers and cancellers with associated Laguerre polynomials.
Comparing proposed analysis results and equivalent baseband simulation results on the soft-limit model and the Rapp model, we show that the proposed method is effective for performance analysis of nonlinear cancellers.
キーワード (和) 全二重通信 / 非線形自己干渉キャンセラ / ラゲール陪多項式 / 一般フーリエ級数 / 理論解析 / / /  
(英) Full Duplex / Nonlinear Self-Interference Canceller / Associated Laguerre Polynomials / Generalized Fourier Series / Theoretical Analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 311, RCS2018-194, pp. 97-102, 2018年11月.
資料番号 RCS2018-194 
発行日 2018-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2018-11-20 - 2018-11-22 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形自己干渉キャンセラのためのラゲール陪多項式を用いた理論的性能解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theoretical Performance Analysis using Associated Laguerre Polynomials for Nonlinear Self-Interference Canceller 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全二重通信 / Full Duplex  
キーワード(2)(和/英) 非線形自己干渉キャンセラ / Nonlinear Self-Interference Canceller  
キーワード(3)(和/英) ラゲール陪多項式 / Associated Laguerre Polynomials  
キーワード(4)(和/英) 一般フーリエ級数 / Generalized Fourier Series  
キーワード(5)(和/英) 理論解析 / Theoretical Analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 和暉 / Kazuki Komatsu / コマツ カズキ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮路 祐一 / Yuichi Miyaji / ミヤジ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 秀幸 / Hideyuki Uehara / ウエハラ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-21 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-194 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会