お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-21 13:40
[チュートリアル講演]From Turbo Equalization to Lossy Forwarding: Our Footprint
Tadashi MatsumotoMeng ChengShen QianJAISTRCS2018-202
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) A goal of this talk is to provide audience with the knowledge about the relationship between turbo equalization and the distributed multi-terminal source coding for . To achieve this goal, this lecture is started by the re-enforcement of understanding of turbo principle, especially, frequency-domain soft cancellation minimum mean square error (FD SC-MMSE) based multiple-input multiple-output (MIMO) turbo equalization (This part is provided in Lecture-1). This talk uses a lot of multi-dimensional extrinsic information transfer (EXIT) analysis to reveal the convergence properties of the FD SC-MMSE MIMO equalization, and identifies the optimal, close capacity achieving structure. It is shown that even with very simple serially concatenated convolution code with the component codes being very simple memory one codes can achieve near-capacity performance. Furthermore, the inner code, which is a very simple memory one recursive code, can eliminate the error floor due to the intersection of the EXIT curves, resulting in very sharp shape of the turbo cliff. This lecture also makes comparison of the shape of the EXIT curves with recursive and non-recursive convolutional codes.

At the final part of this lecture, we intentional “adding” of binary errors randomly between the MIMO antennas, and analyses the impacts of the “artificial errors”. It is shown that if the FD SC MMSE equalizer can utilize the error probability to modify the log likelihood ratio (LLR) in the vertical iteration, we can eliminate the effect of the “artificial errors”. The “artificial error” probability can be estimated only at the decoder side (no side information needed).

Obviously the “artificial errors” inserted in the connections between the antennas correspond to the “intra-link” errors in distributed lossy forwarding cooperative networks. Therefore, the last part of this talk is a preparation of the Invited Talk provided in May, 2018 at the RCS meeting at KEIO University, "Lossy Forwarding Relaying over MAC Channels", even though the order has been reversed. The expected audience is strongly recommended to review the copies of the slides provided in the May meeting.
キーワード (和) ターボ等化 / MIMO / センサーネットワーク / 相関のある情報源 / 分散ターボ符号 / 速度歪関数 / 協調通信 /  
(英) Turbo Equalization / MIMO / Sensor Network / Correlated Sources / Distributed Turbo Code / Rate Distortion Function / Cooperative Communication /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 311, RCS2018-202, pp. 141-141, 2018年11月.
資料番号 RCS2018-202 
発行日 2018-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2018-202

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2018-11-20 - 2018-11-22 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-11-RCS-AP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) From Turbo Equalization to Lossy Forwarding: Our Footprint 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ターボ等化 / Turbo Equalization  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) センサーネットワーク / Sensor Network  
キーワード(4)(和/英) 相関のある情報源 / Correlated Sources  
キーワード(5)(和/英) 分散ターボ符号 / Distributed Turbo Code  
キーワード(6)(和/英) 速度歪関数 / Rate Distortion Function  
キーワード(7)(和/英) 協調通信 / Cooperative Communication  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 正 / Tadashi Matsumoto / マツモト タダシ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 程 猛 / Meng Cheng /
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 騫 申 / Shen Qian / シェン キアン
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-21 13:40:00 
発表時間 50 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-202 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 p.141 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCS-2018-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会