お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-20 15:05
[依頼講演]Multiuser Full-Duplex MIMO通信における非線形信号処理を用いた端末間干渉除去法の実験的評価
川越厚人本間尚樹岩手大AP2018-111 RCS2018-188
抄録 (和) 無線通信システムの容量を改善するため,筆者らはMU-FD MIMO~(Multi-User Full-Duplex Multiple-Input Multiple-Output)システムを提案している.MU-FD MIMOシステムは従来のHD~(Half-Duplex)と比べて周波数利用効率を最大で2倍にすることが期待できるが,一方で局内自己干渉や端末間干渉が通信品質を著しく劣化させる課題がある.我々は非線形処理を用いた端末間干渉抑圧法を提案している.提案法では,上位の固有パスを伝搬する干渉信号のみを被干渉端末に共有し,ディジタル的に減算をする.本報告では,屋外伝搬実験によって得られたチャネルを用い,提案法のBER~(Bit Error Rate)特性および達成可能な伝送速度を評価した結果について述べる.評価の結果,提案法によって58 $%$の伝送速度の改善が期待できることが明らかとなった. 
(英) In order to improve the capacity of the wireless communication system, we have proposed the multi-user full-duplex multiple-input multiple-output~(MU-FD MIMO) system. The MU-FD MIMO system can be expected to ideally double the spectrum efficiency as compared with the conventional half-duplex~(HD). However, self-interference inside station and inter-terminal interference deteriorate communication quality. We propose inter-terminal interference suppression method using non-linear processing technique. In the proposed method, the downlink terminal shares the interference signal propagating the dominant eigenpath, and performs digital subtraction. This report evaluates the bit error rate~(BER) performance and achievable transmission rate of the proposed method using the actual environment channel, which is actually measured in an outdoor environment. The presented results show that the achievable transmission rate can be improved by 58 $%$ with the proposed method.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) MIMO / full-duplex / inter-terminal interference / non-linear signal processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 310, AP2018-111, pp. 53-58, 2018年11月.
資料番号 AP2018-111 
発行日 2018-11-13 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2018-111 RCS2018-188

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2018-11-20 - 2018-11-22 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Multiuser Full-Duplex MIMO通信における非線形信号処理を用いた端末間干渉除去法の実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation of Non-linear Signal Processing Method for Inter User Terminal Interference Elimination in Multiuser Full-Duplex MIMO Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / MIMO  
キーワード(2)(和/英) / full-duplex  
キーワード(3)(和/英) / inter-terminal interference  
キーワード(4)(和/英) / non-linear signal processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川越 厚人 / Atsuto Kawagoe / カワゴエ アツト
第1著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-20 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-111,IEICE-RCS2018-188 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.310(AP), no.311(RCS) 
ページ範囲 pp.53-58(AP), pp.61-66(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2018-11-13,IEICE-RCS-2018-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会