電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-20 10:25
干渉波を利用した確率共鳴受信機による微弱信号検出 ~ PSK変調方式を用いた場合の特性評価 ~
平岡真太郎山里敬也名大)・荒井伸太郎岡山理科大)・田所幸浩田中宏哉豊田中研RCS2018-179
抄録 (和) 確率共鳴は, 適切な強度の雑音を加えることでシステムの性能が向上する非線形現象である, 先行研究において, 確率共鳴現象を応用した受信機(確率共鳴受信機)は受信感度以下の微弱な信号の検出を可能にすることが示されている. 本稿では, 雑音として干渉波を利用した確率共鳴受信機の動作を把握するために, PSK変調された信号の受信特性を, 理論解析と計算機シミュレーションにより評価する. その結果, BER特性はSIRと信号対閾値比により決定されることを明らかにした. 本稿で得られた結果は, 干渉波を利用した確率共鳴受信機の明確な設計指針であり, 有効性が高いと考える. 
(英) Stochastic resonance is a nonlinear phenomenon in which the performance of the system is improved by adding noise of appropriate intensity. Previous studies have shown that weak signals below the reception sensitivity can be detected by stochastic resonance receivers. In this study, we analyze the stochastic resonance receiver using interference waves as the noise. We theoretically and numerically evaluate bit-error-ratio (BER) for phase-shift-keying-modulated signals.
As a result, it is revealed that the best BER is obtained by an appropriate set of signal-to-interference and signal-to-threshold ratios. This means that our result provides a clear design methodology for the stochastic resonance receiver based on the interference waves.
キーワード (和) 確率共鳴 / 微弱信号 / 干渉波 / PSK変調 / / / /  
(英) Stochastic resonance (SR) / subthreshold signal / interference / PSK modulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 311, RCS2018-179, pp. 7-12, 2018年11月.
資料番号 RCS2018-179 
発行日 2018-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2018-179

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2018-11-20 - 2018-11-22 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 干渉波を利用した確率共鳴受信機による微弱信号検出 
サブタイトル(和) PSK変調方式を用いた場合の特性評価 
タイトル(英) Interference-Aided Detection of Subthreshold Signal Using Stochastic Resonance Receiver 
サブタイトル(英) Characteristic Evaluation Using PSK Modulation Method 
キーワード(1)(和/英) 確率共鳴 / Stochastic resonance (SR)  
キーワード(2)(和/英) 微弱信号 / subthreshold signal  
キーワード(3)(和/英) 干渉波 / interference  
キーワード(4)(和/英) PSK変調 / PSK modulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平岡 真太郎 / Shintaro Hiraokka / ヒラオカ シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山里 敬也 / Takaya Yamazato / ヤマザト タカヤ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 伸太郎 / Shintaro Arai / アライ シンタロウ
第3著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Scienc (略称: Okayama Univ. of Scienc)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田所 幸浩 / Yukihiro Tadokoro / タドコロ ユキヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc (略称: Toyota Central R&D Labs., Inc)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 宏哉 / Hiroya Tanaka / タナカ ヒロヤ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc (略称: Toyota Central R&D Labs., Inc)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-20 10:25:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-179 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会