電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-16 09:40
Handshakeプロトコル解析に基づくセッションクラスタリングにおけるフィールドのクラスタリング能力に関する考察
山内啓彰松崎 涼工学院大)・中尾彰宏東大)・小口正人お茶の水女子大)・山本 周東大)・山口実靖工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大規模災害時には輻輳が発生するため,被災者に必要なサービスを通信機器において優先的に転送するようなトラフィック制御が求められると考えられる.そのためには,通信機器にてサービスを同定することが必要となる.サービスを同定する手法として,複数TLSセッションの解析に基づいたサービス同定手法が提案されている.当該手法では,TLSセッション確立にサーバーから送信されるフローの非暗号部の2-gramによりセッションのクラスタリングを行っており,2-gramの違いは解析対象が持つフィールド値の違いにより生じている.しかし,TLSセッション確立のクライアントから送信されるフローの非暗号部の各フィールドのクラスタリング能力やサービス同定能力については調査されていない.本稿では,TLSのプロトコル解析に基づいたフィールドの解析を行い,各フィールドのセッションのクラスタリング能力およびサービス同定能力に関する考察を行う. 
(英) Service identification is important to giving priority in a network element to packets of important services. In an existing work, a method for identifying service based on clustering sessions was proposed. However, the study did not present a discussion on the cause of clusterings. In this paper, we present a discussion on the cause of clustering.
キーワード (和) サービス同定 / SSL/TLS / Handshake / DPI / DPN / / /  
(英) Service identification / SSL/TLS / Handshake / DPI / DPN / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 301, NS2018-141, pp. 63-68, 2018年11月.
資料番号 NS2018-141 
発行日 2018-11-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ ICM NS NV  
開催期間 2018-11-15 - 2018-11-16 
開催地(和) 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般
注:この開催では発表申込み締切日が異なります.
- 1種研究会:9/12
- NV研究会:11/1
NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-11-CQ-ICM-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Handshakeプロトコル解析に基づくセッションクラスタリングにおけるフィールドのクラスタリング能力に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Clustering Capability of Each Field of Handshake in TLS for Session Clustering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サービス同定 / Service identification  
キーワード(2)(和/英) SSL/TLS / SSL/TLS  
キーワード(3)(和/英) Handshake / Handshake  
キーワード(4)(和/英) DPI / DPI  
キーワード(5)(和/英) DPN / DPN  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 啓彰 / Hiroaki Yamauchi / ヤマウチ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin Unversity (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松崎 涼 / Ryo Matsuzaki / マツザキ リョウ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin Unversity (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 正人 / Masato Oguchi / オグチ マサト
第4著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶の水女子大)
Ochanomizu University (略称: Ochanomizu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 周 / Shu Yamamoto / ヤマモト シュウ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 実靖 / Saneyasu Yamaguchi / ヤマグチ サネヤス
第6著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin Unversity (略称: Kogakuin Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-16 09:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-141 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会