お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-16 10:20
Effectiveness of Manga-Effects To Telepresence Communication System
Risa TakemuraTakumi HorieKazunori TakashioKeio Univ.IN2018-58 MoNA2018-36 CNR2018-33
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Today’s telecommunication systems have been greatly evolving, while the video calls used on telepresence robots still seems bland. We hypothesize that the augmentation of video calls with Manga-Effects will help users attain a sense of familiarity and find entertaining components within their conversations. In specific, adding various Manga-Effects over the video call, respectively selected upon the users’ facial expression, will help visually emphasize certain emotions. This experiment analyzes the level of users’ involvement in the conversation, and verifies our hypothesis.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Telecommunication / Video Calls / Video Chat / Manga-Effects / Telepresence / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 306, CNR2018-33, pp. 87-92, 2018年11月.
資料番号 CNR2018-33 
発行日 2018-11-08 (IN, MoNA, CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2018-58 MoNA2018-36 CNR2018-33

研究会情報
研究会 MoNA IN CNR  
開催期間 2018-11-15 - 2018-11-16 
開催地(和) 唐津市民交流プラザ 
開催地(英) Karatsu Civic Exchange Plaza 
テーマ(和) M2M・IoT通信制御、自己組織化・自律分散制御、車載ネットワーク、車車間/路車間通信・ITS、ビッグデータ解析・サイバーフィジカルシステム(CPS)、モバイル仮想化、モバイルアプリケーション、モバイルセンシング、クラウドネットワークロボットの実用化・新規サービス、及び一般 
テーマ(英) M2M, IoT, Self Organization, Autonomous Distributed Control, Car Area Network, Car-Car network, Car-Road Network, ITS, Big Data Analysis, Cyber Physical System (CPS), Mobile Virtualization, Mobile Application, Cloud Robotics Service, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CNR 
会議コード 2018-11-MoNA-IN-CNR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effectiveness of Manga-Effects To Telepresence Communication System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Telecommunication  
キーワード(2)(和/英) / Video Calls  
キーワード(3)(和/英) / Video Chat  
キーワード(4)(和/英) / Manga-Effects  
キーワード(5)(和/英) / Telepresence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 梨沙 / Risa Takemura / タケムラ リサ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀江 拓実 / Takumi Horie / ホリエ タクミ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高汐 一紀 / Kazunori Takashio / タカシオ カズノリ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-16 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CNR 
資料番号 IEICE-IN2018-58,IEICE-MoNA2018-36,IEICE-CNR2018-33 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.304(IN), no.305(MoNA), no.306(CNR) 
ページ範囲 pp.33-38(IN), pp.81-86(MoNA), pp.87-92(CNR) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-11-08,IEICE-MoNA-2018-11-08,IEICE-CNR-2018-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会