電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-16 11:05
[奨励講演]IBSMを実現するためのリソース量算出手法
呉 超堀内信吾田山健一NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) クラウド提供事業者がサービス事業者のサービス要件に応じて,迅速かつ効率的にクラウド環境を提供・運用するためには,リソース設計の効率化が必要となる.我々は,リソース設計を支援する技術として,サービス要件を満たすために必要なリソースを導出するIntent-based Service Management(IBSM)フレームワークの検討を進めている.本稿では,IBSMのリソース量算出部に着目し,ワークロード,パフォーマンス要件,環境状態,運用ポリシ等のリソース量算出に影響する要素を分析し,すべての要件等を満足するリソース量を算出する手法を提案する. 
(英) To ensure fast and efficient cloud service delivery to the service providers, the cloud provider needs to design the resources in accordance with the service requirements which are concerned by the service provider. In our preliminary work , we addressed this problem and proposed an IBSM framework to “translate” the service provider’s service requirements into resource requirements. In this work, we have focused on the design of Resource Demand Calculator of IBSM. Factors that affect the decision of resource demand such as workload, performance requirements, operation policies, and environmental conditions are analyzed; based on the analysis, we have proposed the realization method of Resource Demand Calculator.
キーワード (和) クラウドサービス / サービス設計 / サービス提供・運用の効率化 / / / / /  
(英) cloud service / service design / efficient service delivery and operation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 303, ICM2018-31, pp. 39-44, 2018年11月.
資料番号 ICM2018-31 
発行日 2018-11-08 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ ICM NS NV  
開催期間 2018-11-15 - 2018-11-16 
開催地(和) 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般
注:この開催では発表申込み締切日が異なります.
- 1種研究会:9/12
- NV研究会:11/1
NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2018-11-CQ-ICM-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IBSMを実現するためのリソース量算出手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Resource Demand Calculator for IBSM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウドサービス / cloud service  
キーワード(2)(和/英) サービス設計 / service design  
キーワード(3)(和/英) サービス提供・運用の効率化 / efficient service delivery and operation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 呉 超 / Wu Chao / ゴ チョウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 信吾 / Horiuchi Shingo / ホリウチ シンゴ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田山 健一 / Tayama Kenichi / タヤマ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-16 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2018-31 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.303 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2018-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会