電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-16 14:10
VACCINE-HR:疎密度MANETにおけるアンチパケット偽造攻撃対策
雜賀大輔阪大)・木村共孝同志社大)・滝根哲哉阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 疎密度モバイルアドホック網(sparsely populated MANETs)において,複製型(multi-copy)の蓄積運搬転送型ルーチング方式を用いる際,配送済みメッセージの複製をネットワーク上から取り除く回復手法(recovery scheme)が必要である.VACCINEとはアンチパケットを用いた回復手法であり,メッセージの配送完了と同時に,アンチパケットが発行されブロードキャストされる.アンチパケットを受信した端末がバッファ上から対応するメッセージの複製を削除することで,配送済みメッセージの複製をネットワークから取り除く.このような環境下では,アンチパケットを偽造することによりメッセージの拡散を阻害するアンチパケット偽造攻撃が存在する.本稿では,アンチパケット偽造攻撃対策としてVACCINEの改良版であるVACCINE-HRを提案し,攻撃端末候補の抽出が可能であることをシミュレーション実験により示す. 
(英) Multi-copy store-carry-forward routing in sparsely populated mobile ad-hoc networks (MANETs) should be combined with a recovery scheme in order to remove message copies from the network after their delivery to destination nodes. VACCINE is an anti-packet-based recovery scheme, where as soon as a message is delivered to its destination node, an anti-packet for the message is generated and is broadcast in order to delete message copies remaining in the network. In such an environment, anti-packet counterfeiting attack, where malicious nodes generate and start to bloadcast fake anti-packets when they receive messages, is known to lower the message delivery rate. As a countermeasure against the attack, we propose VACCINE-HR, a modified version of VACCINE. VACCINE-HR enables us to extract suspicious nodes and by repeating extraction for different messages, we can detect malicious nodes eventually. The effectiveness of VACCINE-HR is shown through simulation experiments.
キーワード (和) 疎密度モバイルアドホック網 / アンチパケット偽造攻撃 / 攻撃端末検出 / / / / /  
(英) sparsely populated MANET / anti-packet counterfeiting attack / malicious node detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 302, CQ2018-74, pp. 61-66, 2018年11月.
資料番号 CQ2018-74 
発行日 2018-11-08 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ ICM NS NV  
開催期間 2018-11-15 - 2018-11-16 
開催地(和) 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般
注:この開催では発表申込み締切日が異なります.
- 1種研究会:9/12
- NV研究会:11/1
NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2018-11-CQ-ICM-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VACCINE-HR:疎密度MANETにおけるアンチパケット偽造攻撃対策 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) VACCINE-HR: Toward Malicious Node Detection for Anti-Packet Counterfeiting Attack in Sparsely Populated MANETs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 疎密度モバイルアドホック網 / sparsely populated MANET  
キーワード(2)(和/英) アンチパケット偽造攻撃 / anti-packet counterfeiting attack  
キーワード(3)(和/英) 攻撃端末検出 / malicious node detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 雜賀 大輔 / Daisuke Saika / サイカ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 共孝 / Tomotaka Kimura / キムラ トモタカ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝根 哲哉 / Tetsuya Takine / タキネ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-16 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2018-74 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.302 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2018-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会