お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-16 13:00
FDTD法を用いた厚い導体アイリスによる周期構造導波路の数値計算
大澤千尋柴崎年彦都立産技高専)・木下照弘東京工芸大EMT2018-56
抄録 (和) 筆者らは,周期構造導波路を数値解析する方法として,フロケの定理に基づく FDTD 法を提案し,導体ア イリスの周期構造の数値計算を行い,導波路の k−β 特性を求めた.そして,一般的な FDTD 法で有限長として扱っ た場合と比較を行った.その際,周期構造1段の厚い導体アイリス単体の問題に立ち返り,変形留数計算法による数値解を指標に,FDTD法の分割数を見積もった.その結果,差分量はλg /100程度と,通常のFDTD法で目安とする1/20 ∼ 1/30 波長より十分細かくする必要があるとわかった.ここでは、この結果を周期構造導波路に当てはめて,検討を行っている. 
(英) In the past, we obtained the k − β diagram applying FDTD method by Floquet’s theorem at the periodic structure and the computed periodic structure waveguide with thick iris. And, we compared the result above with the result by a general FDTD method. In addition, we considered the particular case of one conductor iris thick enough, and compared the Modified Residue-Calculus Method with FDTD method. Our results indicated that sufficient accuracy was obtained only for grid spacings on the order of λg/100 or less, considerably finer than the grid spacings of 1/20 ∼ 1/30 of a wavelength used in typical FDTD calculations. In this paper, we will apply these results to the modeling of periodically-structured waveguides.
キーワード (和) FDTD 法 / 周期構造 / 導波管 / 導体アイリス / 変形留数計算法 / 数値計算 / /  
(英) FDTD Method / Periodic Structure / Waveguide / Conductor Iris / Modified Residue-Calculus Method / Numerical Analysis / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 307, EMT2018-56, pp. 95-99, 2018年11月.
資料番号 EMT2018-56 
発行日 2018-11-08 (EMT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMT2018-56

研究会情報
研究会 EMT IEE-EMT  
開催期間 2018-11-15 - 2018-11-17 
開催地(和) 皆生グランドホテル天水 
開催地(英) Kaike Grand Hotel Tensui(Yonago, Tottori) 
テーマ(和) 電磁界理論一般 
テーマ(英) Electromagnetic Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2018-11-EMT-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FDTD法を用いた厚い導体アイリスによる周期構造導波路の数値計算 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Numerical Calculation of the Periodic Waveguide by Thick Conductor Irises Using the FDTD method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD 法 / FDTD Method  
キーワード(2)(和/英) 周期構造 / Periodic Structure  
キーワード(3)(和/英) 導波管 / Waveguide  
キーワード(4)(和/英) 導体アイリス / Conductor Iris  
キーワード(5)(和/英) 変形留数計算法 / Modified Residue-Calculus Method  
キーワード(6)(和/英) 数値計算 / Numerical Analysis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 千尋 / Chihiro Osawa / オオサワ チヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京都立産業技術高等学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Technology (略称: Tokyo Metro. College of Industrial Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴崎 年彦 / Toshihiko Shibazaki / シバザキ トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京都立産業技術高等学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Technology (略称: Tokyo Metro. College of Industrial Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 照弘 / Teruhiro Kinoshita /
第3著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Institute of Polytechnics (略称: Tokyo Polytech. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-16 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-EMT2018-56 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.307 
ページ範囲 pp.95-99 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMT-2018-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会