電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-16 15:00
電力消費を考慮したエラスティック光パスネットワーク設計手法
工藤隆則摂南大)・木村共孝同志社大)・平田孝志関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,エラスティック光パスネットワークにおいて,電力消費を考慮した静的光パス設定手法の提案を行う.エラスティック光パスネットワークでは,経路に周波数資源を割り当て光パスを形成することでデータ伝送を行うが,一般的に,使用する総周波数資源数が少なくなるように,各送受信間で光パスが設定される.提案手法ではこれに加えて,光ファイバ増幅器の消費電力を削減する経路選択及び周波数割り当てを行う.本稿では,数値実験により提案手法の有効性を示す. 
(英) This paper proposes a power-aware static lightpath establishment method in elastic optical networks. In the elastic optical networks, data are transmitted via lightpaths, which are routes assigned frequency resources. In general, a lightpath between each sender and receiver pair is established in such a way that the total number of frequency resources used is minimized. The proposed method performs route selection and frequency spectrum
allocation that reduces the power consumption of optical ampli ers while reducing the total number of frequency resources used. Through numerical experiments, we show the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) エラスティック光パスネットワーク / 光パス設定 / 消費電力 / 経路選択 / 周波数割り当て / / /  
(英) elastic optical networks / lightpath establishment / power consumption / routing / spectrum allocation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 301, NS2018-151, pp. 123-127, 2018年11月.
資料番号 NS2018-151 
発行日 2018-11-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ ICM NS NV  
開催期間 2018-11-15 - 2018-11-16 
開催地(和) 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般
注:この開催では発表申込み締切日が異なります.
- 1種研究会:9/12
- NV研究会:11/1
NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-11-CQ-ICM-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電力消費を考慮したエラスティック光パスネットワーク設計手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Power-aware static lightpath establishment method in elastic optical networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エラスティック光パスネットワーク / elastic optical networks  
キーワード(2)(和/英) 光パス設定 / lightpath establishment  
キーワード(3)(和/英) 消費電力 / power consumption  
キーワード(4)(和/英) 経路選択 / routing  
キーワード(5)(和/英) 周波数割り当て / spectrum allocation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 隆則 / Takanori Kudo / クドウ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 摂南大学 (略称: 摂南大)
Setsunan University (略称: Setsunan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 共孝 / Tomotaka Kimura / キムラ トモタカ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 孝志 / Kouji Hirata /
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-16 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-151 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.123-127 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2018-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会