電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-15 15:45
円形ループアレイを用いたOAM通信における反射板近接化によるモード単一性の向上
山岸遼平大塚啓人斉藤 昭鈴木 博石川 亮本城和彦電通大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) ここでは,反射板付き円形ループアンテナアレイを用いた5GHz帯4値多重OAM通信において,反射板を2mmにまで近接化することで,より干渉波を抑え,良好な特性が実現できることを示す.精度良くインピーダンス整合を行うため,各アンテナのインピーダンスの実測値にそれぞれ最適化したバランを設計し,アンテナとともに基板上に集積した.製作したアンテナにおいて,良好な反射損失を得た.また,モード単一性の向上により,アレイ内の各アンテナ間の通過特性が抑えられ,5.5GHzで-33.2dB以下であった.製作したアンテナを用いて,通信距離30mmの近距離通信について特性評価を行った結果,信号波となる同一半径のループアンテナ間の通過特性が最大となり,信号波と干渉波の通過特性の比である通過アイソレーションは5.5GHzにおいて21.9dB以上を得た.この時,2台のベクトル信号発生器を用いて,2つのアンテナにそれぞれ異なる64QAM信号を入力し、信号処理を施さずに信号を分離できることを確認した.また、パラボラ反射鏡を用いた遠距離OAM通信について特性評価を行った.レーザー光を用いて精度良く軸合わせを行い測定を行った.測定の結果,同一半径のループアンテナ間の通過が最大となり,通過アイソレーションは,5.5GHzにおいて23.4dB以上を得た. 
(英) Advanced 4-channel multiplexing performance for short- and long-range orbital-angular-momentum (OAM) is demonstrated using circular loop arrays proximate to a planar reflector, where the distance between the array and the reflector is 2 mm to improve the mode unity. To impedance-match measured low input impedances, baluns tailored to each antenna were designed. With these fabricated modules, consisting of a 4-element loop antenna array, baluns and a planar reflector, satisfactory return losses are obtained. In addition, remarkably suppressed transmissions among the transmitting antennas are obtained in favor of the advanced mode unity; the transmission is less than -33.2 dB at 5.5 GHz. With these modules, performance for short-range communication is estimated. The transmission between antennas of the same radius, corresponding to the signal transmission, is always the maximum for each transmitting antenna. The measured transmission isolation, corresponding to the ratio of the signal to the interference, is as large as 21.9 dB. We confirmed that different 64 QAM signals are input to two antennas respectively and that the signals can be separated without signal processing. Performance for long-range communication is also estimated by using paraboloids and measuring equipment for accurate alignments. The measured transmission between antennas of the same radius is also the maximum, and an excellent measured transmission isolation of 23.4 dB is obtained at 5.5 GHz.
キーワード (和) ループアンテナ / 軌道角運動量 / 多重化 / 反射板 / / / /  
(英) Loop antenna / Orbital angular momentum / Multiplexing / reflector plane / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 308, MW2018-102, pp. 53-57, 2018年11月.
資料番号 MW2018-102 
発行日 2018-11-08 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2018-11-15 - 2018-11-16 
開催地(和) 福江文化会館 
開催地(英) Fukue Cultural Hall 
テーマ(和) マイクロ波/一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2018-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 円形ループアレイを用いたOAM通信における反射板近接化によるモード単一性の向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Advanced Mode Unity Using Loop Array Proximate to Reflector for OAM Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ループアンテナ / Loop antenna  
キーワード(2)(和/英) 軌道角運動量 / Orbital angular momentum  
キーワード(3)(和/英) 多重化 / Multiplexing  
キーワード(4)(和/英) 反射板 / reflector plane  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岸 遼平 / Ryohei Yamagishi / ヤマギシ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 啓人 / Hiroto Otsuka / オオツカ ヒロト
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 昭 / Akira Saitou / サイトウ アキラ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 博 / Hiroshi Suzuki / スズキ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 亮 / Ryo Ishikawa / イシカワ リョウ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 本城 和彦 / Kazuhiko Honjo / ホンジョウ カズヒコ
第6著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-15 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2018-102 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.308 
ページ範囲 pp.53-57 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2018-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会