電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-15 13:10
[招待講演]脳波を含む生体情報を用いた未来への挑戦
中沢 実金沢工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,人の脳活動を利用して,人とのコミュニケーションやロボット操作を行っていくBrain Machine Interface (BMI)の技術が盛んに研究されている.これはリアルタイムで脳波(EEG)を計測することができる非侵襲型の脳波計デバイスの成果である.すなわち利用者の思考や感情,表情の検出や脳波の生データへ容易にアクセスできる製品が世の中に出てきている.また,これらの脳波データを用いた工業用製品も徐々ではあるが,登場してきている.そこで,本研究室では2012年より,脳波の関するいくつかの基礎研究に基づいて福祉分野における人の脳活動の活用を現実世界で適用させることを目的に,利用者が初めて訪れる施設であっても脳波から利用者の意図を読み取り,目的地までたどりつくシステムの実装を行ってきた.さらに,BMI利用時における認証手法についてもその取組を紹介する.具体的には画像刺激提示時のEEGを利用し,生体認証を行なうシステムを構築し,評価をした成果を報告する.相互相関係数によって,特徴抽出を行い,分類・認証には,Support Vector Machine(SVM)を使用している.前処理(ディジタルフィルタ,アーチファクト対策,エポッキング)の手法を考慮することで,より適切な前処理の手法を検討し,提案手法の検証を行った.結果として,アーチファクト対策,ディジタルフィルタ(IIRフィルタ),エポッキングの手法を用いた時に,Equal Error Rate(EER):2.0%を得ている.さらに前処理としてアーチファクト対策を行うことにより精度が向上したことについて報告する. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 脳波 / 生体情報 / BMI / ロボットハンド / 車椅子 / 生体認証 / /  
(英) Brain Wave / Biometric information / BMI / Robot Hand / Wheelchair / Biometrics / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 302, CQ2018-63, pp. 1-1, 2018年11月.
資料番号 CQ2018-63 
発行日 2018-11-08 (NS, CQ, ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ ICM NS NV  
開催期間 2018-11-15 - 2018-11-16 
開催地(和) 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般
注:この開催では発表申込み締切日が異なります.
- 1種研究会:9/12
- NV研究会:11/1
NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2018-11-CQ-ICM-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 脳波を含む生体情報を用いた未来への挑戦 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Challenge to the Future using Biometric Information, including an EEG 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳波 / Brain Wave  
キーワード(2)(和/英) 生体情報 / Biometric information  
キーワード(3)(和/英) BMI / BMI  
キーワード(4)(和/英) ロボットハンド / Robot Hand  
キーワード(5)(和/英) 車椅子 / Wheelchair  
キーワード(6)(和/英) 生体認証 / Biometrics  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中沢 実 / Minoru Nakazawa / ナカザワ ミノル
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIt)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-15 13:10:00 
発表時間 45 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-NS2018-136,IEICE-CQ2018-63,IEICE-ICM2018-24 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.301(NS), no.302(CQ), no.303(ICM) 
ページ範囲 p.37(NS), p.1(CQ), p.1(ICM) 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-NS-2018-11-08,IEICE-CQ-2018-11-08,IEICE-ICM-2018-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会