電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-15 15:20
ループアンテナアレイを用いたOAM-MIMO通信の評価
大塚啓人山岸遼平斉藤 昭鈴木 博石川 亮本城和彦電通大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 電磁界の軌道角運動量 (OAM) の直交性を活用し多重化を行うOAM通信は,空間多重の新たな構成法を提供するものとして近年注目されている.ここでは 4素子ループアンテナアレイのうち 2 素子を用いた 2×2 OAM-MIMO通信に関して,実測したSパラメータを用い,計算機シミュレーション及び実測により伝送特性を明らかにした.OAM通信はLOS環境が好ましいため,送信アレイと受信アレイのループの軸を合わせ,基板間距離を3cmとしたSパラメータにより伝搬特性を測定し,また,2 台のベクトル信号発生器による64QAM送信信号と高解像度オシロスコープによる受信信号から伝搬特性を測定した.得られたBER特性が理論値に合うことを確認した.また通信路の逆行列を適用する ZF により干渉の影響を除くことが出来,EVMが改善することを確認した. 
(英) Orbital angular momentum (OAM) is attracting attention in terms of a novel multiplexing method. Multiplexing in OAM communication exploits orthogonality of the OAM wave which is an electromagnetic field possessing OAM. 2×2 OAM-MIMO communication using two of 4-value loop antenna arrays is estimated by simulation with a calculator using measured S-parameter and measurement. Since OAM communication is preferable to the inter-fixed body Line-of-Sight environment, S-parameter is measured with the distance between the arrays set to 3 cm with the axes of the transmission and the received array aligned. We confirm that the obtained bit error rate conforms to the theoretical value. Also in measurement, it is confirmed that the influence of interference is removed by the inversed matrix of the channel and the EVM is improved.
キーワード (和) ループアンテナ / 軌道角運動量 / 多重化 / MIMO / / / /  
(英) Loop antenna / Orbital Angular Momentum / Multiplexing / MIMO / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 308, MW2018-101, pp. 49-52, 2018年11月.
資料番号 MW2018-101 
発行日 2018-11-08 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2018-11-15 - 2018-11-16 
開催地(和) 福江文化会館 
開催地(英) Fukue Cultural Hall 
テーマ(和) マイクロ波/一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2018-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ループアンテナアレイを用いたOAM-MIMO通信の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation for OAM-MIMO Communication Using Loop Antenna Array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ループアンテナ / Loop antenna  
キーワード(2)(和/英) 軌道角運動量 / Orbital Angular Momentum  
キーワード(3)(和/英) 多重化 / Multiplexing  
キーワード(4)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 啓人 / Hiroto Otsuka / オオツカ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The Unversity of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岸 遼平 / Ryohei Yamagishi / ヤマギシ リョウヘイ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The Unversity of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 昭 / Akira Saitou / サイトウ アキラ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The Unversity of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 博 / Hiroshi Suzuki / スズキ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The Unversity of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 亮 / Ryo Ishikawa / イシカワ リョウ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The Unversity of Electro-Communications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 本城 和彦 / Kazuhiko Honjo / ホンジョウ カズヒコ
第6著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The Unversity of Electro-Communications (略称: UEC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-15 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2018-101 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.308 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2018-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会