お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-15 10:00
CRLH線路スタブ高調波制御/バイアス給電共用回路を用いた2GHz帯GaN HEMT F級高出力増幅器
小田倫也齋木研人田中愼一芝浦工大MW2018-92
抄録 (和) F級増幅器の小型化を図るために、右手/左手系複合(CRLH)線路スタブを用いるF級増幅器を報告してきた。今回、F級高調波処理回路とバイアス回路に着目し、CRLH線路スタブ高調波制御/バイアス給電共用回路を検討した。このスタブは高調波の振る舞いを任意に制御することができる特徴があるため、F級高調波処理だけでなく、高調波の影響を受けないバイアス回路としても設計できることを示した。上記のスタブを2GHz帯 GaN HEMT F級増幅器に適用した結果、ドレイン効率88.1%、付加電力効率76.1%が得られ、従来のバイアス回路($lambda/4)より1/4以下の回路サイズを実証した。 
(英) The next generation mobile communication systems impose challenging performance, size and cost requirements on the power amplifiers. This paper presents novel DC-biasing circuits, which are compact and yet can control the harmonics almost arbitrarily, thereby allowing to save the space for additional harmonic tuning circuit. The proposed circuit consists of a composite right-/left-handed (CRLH) transmission line (TL) stub, of which the size and harmonic-control function can be tuned by modifying the dispersion diagram of the stub line. As a proof of concept, a compact 2-GHz 6-W GaN HEMT class-F PA using the versatile CRLH-TL stubs was fabricated, demonstrating 88.1% drain efficiency and 76.1% power-added efficiency.
キーワード (和) 増幅器 / F級動作 / 高調波処理 / バイアス回路 / CRLH / 電力付加効率 / /  
(英) amplifier / class-F / harmonic tuning / biasing circuit / CRLH / power efficiency / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 308, MW2018-92, pp. 1-6, 2018年11月.
資料番号 MW2018-92 
発行日 2018-11-08 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2018-92

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2018-11-15 - 2018-11-16 
開催地(和) 福江文化会館 
開催地(英) Fukue Cultural Hall 
テーマ(和) マイクロ波/一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2018-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CRLH線路スタブ高調波制御/バイアス給電共用回路を用いた2GHz帯GaN HEMT F級高出力増幅器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 2-GHz-Band GaN HEMT Class-F Power Amplifiers Using CRLH-Transmission-Line-Stub Dual-Use Circuits for Harmonic Control and DC Biasing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 増幅器 / amplifier  
キーワード(2)(和/英) F級動作 / class-F  
キーワード(3)(和/英) 高調波処理 / harmonic tuning  
キーワード(4)(和/英) バイアス回路 / biasing circuit  
キーワード(5)(和/英) CRLH / CRLH  
キーワード(6)(和/英) 電力付加効率 / power efficiency  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 倫也 / Tomoya Oda / オダ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋木 研人 / Kento Saiki / サイキ ケント
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 愼一 / Shinichi Tanaka / タナカ シンイチ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-15 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2018-92 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.308 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2018-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会