お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-13 13:50
ニューラルネットワークを用いたリチウムイオン蓄電池の劣化診断の一検討
有馬理仁林 磊福井正博立命館大CAS2018-73 MSS2018-49
抄録 (和) 太陽光発電などの再生可能エネルギーの出力変動や時間偏在性を解決するため, リチウムイオン蓄電池との連携運用が検討されている. このリチウムイオン蓄電池の運用経済性を向上させるためには, 劣化診断による充放電エネルギーの予測が必要である. 本報告ではニューラルネットワークを用いた劣化診断を検討し, 従来手法で事前に取得する必要があった充放電試験サイクルの回数を低減した. 
(英) The battery aggregation of lithium-ion battery is studied in order to solve the problem of output fluctuation and time maldistribution of renewable battery, for example, photovoltaic energy. It is necessary for the operational economic efficiency of lithium-ion battery to predict the charge-discharge energy by degradation diagnosis. In this study, we investigated the method of degradation diagnosis using neural networks and decrease the number of the charge-discharge times which needs to be carried out in advance.
キーワード (和) リチウムイオン蓄電池 / 充放電曲線 / 劣化診断 / 経済性評価 / / / /  
(英) Lithium-ion battery / Charge-discharge curve / degradation diagnosis / Econimic efficiency prediction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 295, CAS2018-73, pp. 111-114, 2018年11月.
資料番号 CAS2018-73 
発行日 2018-11-05 (CAS, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2018-73 MSS2018-49

研究会情報
研究会 MSS CAS IPSJ-AL  
開催期間 2018-11-12 - 2018-11-13 
開催地(和) 熱海伊豆山温泉 ハートピア熱海 
開催地(英)  
テーマ(和) システムのモデリングと制御・検証・最適化の手法,機械学習的アプローチ及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2018-11-MSS-CAS-AL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ニューラルネットワークを用いたリチウムイオン蓄電池の劣化診断の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Degradation Diagnosis of Lithium-ion Battery Using Neural Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リチウムイオン蓄電池 / Lithium-ion battery  
キーワード(2)(和/英) 充放電曲線 / Charge-discharge curve  
キーワード(3)(和/英) 劣化診断 / degradation diagnosis  
キーワード(4)(和/英) 経済性評価 / Econimic efficiency prediction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有馬 理仁 / Masahito Arima / アリマ マサヒト
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 磊 / Lei Lin / リン ライ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 正博 / Masahiro Fukui / フクイ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-13 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2018-73,IEICE-MSS2018-49 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.295(CAS), no.296(MSS) 
ページ範囲 pp.111-114 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2018-11-05,IEICE-MSS-2018-11-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会