電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-08 14:10
携帯危険物検出におけるミリ波SARのイメージング性能に関する検討
本間洸希山田寛喜佐藤亮一山口芳雄新潟大)・森 浩樹東芝)・Kazuyoshi TakagiHironori DobashiYasushi MurakamiToshiba Infrastructure Systems & SolutionsSANE2018-58
抄録 (和) セキュリティの場面おいて,電磁波用いた不審物のセンシングが行われている.現在運用されている製品では,検出時に静止する必要がある.
本稿では,移動時の不審物検出の基礎検討として,静止ターゲット,
特にターゲットが人体に密着している場合について電波散乱測定実験を行い,取得したデータから 3次元合成開口イメージングを行った結果について報告する. 
(英) Concealed weapon detection by electromagnetic wave have been attracting attention recently. Currently, several products have already operated, however it is necessary for target human to be stationary during measurement. Our objective is to realize the concealed weapon detection of human in motion. In this paper, we performed fundamental SAR (Synthetic Aperture Radar) imaging experiments of several tationary targets as a fundamental study. Three dimensional imaging results of human phantom and/or model-gun will be provided.
キーワード (和) SAR / 合成開口レーダ / 3次元イメージング / 不審物検出 / / / /  
(英) SAR / 3D Imaging / Weapon Detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 287, SANE2018-58, pp. 17-20, 2018年11月.
資料番号 SANE2018-58 
発行日 2018-11-01 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2018-58

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2018-11-07 - 2018-11-09 
開催地(和) 中国(許昌市) 
開催地(英) China (Xuchang) 
テーマ(和) ICSANE2018 
テーマ(英) ICSANE2018 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2018-11-SANE 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 携帯危険物検出におけるミリ波SARのイメージング性能に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Imaging Performance of Millimeter Wave SAR for Portable Weapon Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SAR / SAR  
キーワード(2)(和/英) 合成開口レーダ / 3D Imaging  
キーワード(3)(和/英) 3次元イメージング / Weapon Detection  
キーワード(4)(和/英) 不審物検出 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 洸希 / Koki Homma / ホンマ コウキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 亮一 / Ryoichi Sato / サトウ リョウイチ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 浩樹 / Hiroki Mori / モリ ヒロキ
第5著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Kazuyoshi Takagi / Kazuyoshi Takagi /
第6著者 所属(和/英) Toshiba Infrastructure Systems & Solutions (略称: Toshiba Infrastructure Systems & Solutions)
Toshiba Infrastructure Systems & Solutions (略称: Toshiba Infrastructure Systems & Solutions)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Hironori Dobashi / Hironori Dobashi /
第7著者 所属(和/英) Toshiba Infrastructure Systems & Solutions (略称: Toshiba Infrastructure Systems & Solutions)
Toshiba Infrastructure Systems & Solutions (略称: Toshiba Infrastructure Systems & Solutions)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Yasushi Murakami / Yasushi Murakami /
第8著者 所属(和/英) Toshiba Infrastructure Systems & Solutions (略称: Toshiba Infrastructure Systems & Solutions)
Toshiba Infrastructure Systems & Solutions (略称: Toshiba Infrastructure Systems & Solutions)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-08 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2018-58 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.287 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SANE-2018-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会