電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-05 13:00
[技術展示]マルチホップ広域WRANシステムを実現する最適無線リソース割当制御および自動経路切替制御手法の実証実験
鮫島 渓水谷圭一羽原拓哉松村 武原田博司京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 新たな社会形態として提唱されているSociety 5.0では,無線通信ネットワーク基盤が重要な役割を担う.その基盤技術である「超ビッグデータ創出ドライバ」は,ローカルアクセス系でエリアごとに収集するデータを基幹アクセス系で広範囲に収集する技術で,基幹アクセス系には携帯電話に代表される広域通信システムや多数の中継収集局(RS)で構成するマルチホップ広域Wireless Regional Area Network(WRAN)システムを用いる.特にWRANを用いる場合,各RSはエリアごとのデータを収集する必要があり,その要求トラヒック量は時々刻々と変化する.一方で,システム全体で利用できる無線リソースには限りがあるため,マルチホップの各リンクには柔軟かつ最適に無線リソースを割り当てる必要がある.これまでに筆者らは,要求トラヒック量に応じた最適無線リソース割当制御および自動経路切替制御アルゴリズムを提案し,計算機シミュレーションと有線接続での実機実験によりその有効性を示してきた.本稿では,提案アルゴリズムを実装したマルチホップ広域WRAN試作機を用いた無線ネットワークを京都大学構内に展開し,無線通信環境においても最適な経路選択ができることを示す. 
(英) In Society 5.0 proposed as a new social system, wireless communication networks play a crucial role, and an ultra-big data creation driver (BDD) has been developed as a fundamental network that collects vast array of data from the area of tens of kilometers by using local access systems and a backbone access system. A multi-hop wireless regional area network (WRAN) system consisting of a large number of relay stations (RSs) is applied to the backbone access system, and each RS collects data in its local area where the amount of generated data constantly changes. Meanwhile, available radio resources for the entire system are limited and thus, it is essential to allocate radio resources flexibly and optimally to each multi-hop link. In the previous work, we proposed a radio resource allocation algorithm for the multi-hop WRAN system and a routing algorithm enabling automatic selection of optimum wireless link based on sensing information about neighboring RSs for efficient use of the radio resources. In this report, we implement the proposed algorithm to actual WRAN radio equipment and perform the field experiment of the multi-hop WRAN network in the campus of Kyoto University. The experimental results demonstrate the feasibility and practicality of the proposed algorithm under the actual radio environment.
キーワード (和) Society 5.0 / 超ビッグデータ創出ドライバ / Wi-SUN / WRAN / マルチホップ / ARIB STD-T103 / /  
(英) Society 5.0 / Ultra-big data creation driver / Wi-SUN / WRAN / Multi-hop / ARIB STD-T103 / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 283, SRW2018-28, pp. 31-36, 2018年11月.
資料番号 SRW2018-28 
発行日 2018-10-29 (ASN, SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN SRW  
開催期間 2018-11-05 - 2018-11-06 
開催地(和) 東京電機大学 東京千住キャンパス 
開催地(英) Tokyo Denki University, Tokyo Senju Campus 
テーマ(和) IoTワークショップ, 技術展示, ポスターセッション, 及び一般

SICEスマートセンシングシステム部会併催 

テーマ(英) Poster session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2018-11-ASN-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチホップ広域WRANシステムを実現する最適無線リソース割当制御および自動経路切替制御手法の実証実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental Evaluation of Optimum Resource Allocation and Automatic Routing Algorithms for Multi-hop Wide Area Wireless RAN System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Society 5.0 / Society 5.0  
キーワード(2)(和/英) 超ビッグデータ創出ドライバ / Ultra-big data creation driver  
キーワード(3)(和/英) Wi-SUN / Wi-SUN  
キーワード(4)(和/英) WRAN / WRAN  
キーワード(5)(和/英) マルチホップ / Multi-hop  
キーワード(6)(和/英) ARIB STD-T103 / ARIB STD-T103  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鮫島 渓 / Kai Samejima / サメジマ カイ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 圭一 / Keiichi Mizutani / ミズタニ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽原 拓哉 / Takuya Habara / ハバラ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 武 / Takeshi Matsumura / マツムラ タケシ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-05 13:00:00 
発表時間 70 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-ASN2018-63,IEICE-SRW2018-28 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.282(ASN), no.283(SRW) 
ページ範囲 pp.55-60(ASN), pp.31-36(SRW) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2018-10-29,IEICE-SRW-2018-10-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会