お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-04 15:10
ペアリングを用いたグラフ情報のゼロ知識証明
吉野大海中西 透広島大ISEC2018-79 SITE2018-57 LOIS2018-39
抄録 (和) ネットワークシステムを管理するプロバイダに対して,ネットワークトポロジーを表すグラフの情報をすべて開示せずともシステム利用者へ正しい情報を開示できるような手法が求められている.そこで,グラフ情報の保証と接続性の証明をRSA暗号を基にして行う方式が提案されている.その一方で,双線形写像を用いたペアリング暗号方式が提案されており,生成する鍵データサイズがRSA暗号と比べて小さいという特徴がある.また,従来方式では,グラフの点数,辺数に依存して証明データサイズが大きくなる傾向がある.そこで,本研究ではペアリング暗号を用いてグラフ情報の保証と接続性の証明を効率的に行う方式を構築する.これにより,RSAベースの方式よりも鍵データサイズが少なくなる.また,双線形アキュームレータを用いて署名することでゼロ知識証明時のデータサイズが点数・辺数に依存しなくなる.そして,提案手法をPC上で実装し,その処理時間とデータサイズを測定することにより評価する. 
(英) A network provider needs to consider a method that can disclose correct information to the system user without disclosing all the information of the network graph. A previous research realizes the proofs of graph information and the connectivity based on RSA cryptography. On the other hand, a pairing cryptography has been proposed, where the data size is smaller than the RSA. Furthermore, in the previous system, the proof data increase for the size of the graph. In this research, we construct a proof scheme for graph information and the connectivity using the pairing-based encryption. As a result, the data size becomes smaller than the RSA-based. In addition, by using the bilinear accumulator, the data size of zero-knowledge proof does not depend on the number of vertexes and edges. Then, we evaluate the scheme by implementing it on a PC and measuring its processing times and data size.
キーワード (和) グラフ / ペアリング / ゼロ知識証明 / / / / /  
(英) graph / pairing / zero-knowledge proof / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 279, ISEC2018-79, pp. 87-93, 2018年11月.
資料番号 ISEC2018-79 
発行日 2018-10-27 (ISEC, SITE, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2018-79 SITE2018-57 LOIS2018-39

研究会情報
研究会 SITE ISEC LOIS  
開催期間 2018-11-03 - 2018-11-04 
開催地(和) 九州大学 大橋キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2018-11-SITE-ISEC-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ペアリングを用いたグラフ情報のゼロ知識証明 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pairing-based Zero-Knowledge Proof of Graph Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グラフ / graph  
キーワード(2)(和/英) ペアリング / pairing  
キーワード(3)(和/英) ゼロ知識証明 / zero-knowledge proof  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 大海 / Hiromi Yoshino / ヨシノ ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 透 / Toru Nakanishi / ナカニシ トオル
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-04 15:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2018-79,IEICE-SITE2018-57,IEICE-LOIS2018-39 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.279(ISEC), no.280(SITE), no.281(LOIS) 
ページ範囲 pp.87-93 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-ISEC-2018-10-27,IEICE-SITE-2018-10-27,IEICE-LOIS-2018-10-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会