電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-02 13:25
癌治療のための収束超音波治療の照射条件最適化 ~ ネクローシスへの奏功性・副作用防止に特化した癌細胞殺傷 ~
岡田一秀新東京医科大ポンペイ校)・町 淳二ハワイ大US2018-64
抄録 (和) 従来、がんは、孤立した癌細胞から、血管内皮成長因子が既存血管に送られ、既存血管側の血管内皮細胞が壊され変形し、癌細胞側に、新生血管が延びて来て、自らに接続することにより、無限の増殖のトリガになる。このような性質を持つ、癌細胞を確実に殺すためには、高密度焦点式超音波治療は、非侵襲であり、効果的な治療法である。本研究では、体内での音圧の同定や減衰の考察を含め、キャビテーションに伴う、気泡の破裂時のエネルギーの最適化を発信側の回路設計も含め、議論し、かつ、本手法は、前立腺がんやすい臓がん・肝臓がん・乳がんに対しては、使用がしばしば話題になるが、日本では症例が多いものの、消化管の内側に出来る、胃がんや食道がんへの適応が議論されたことはないので、今回は、トランスデュ―サの微細化も含め、考察する。 
(英) After VEGF is sent to the existing host blood vessel from the isolated cancer caells , the vascular endothelial cells are collapsed/deformed and the vascularization occurs toward the cancer cells which becomes a trigger of their infinite reproduction. To kill such tumors surely, High Intensity Focused Ultrasound can be thought to be a invasive efficient therapy. In this study, the most optimized irradiation conditions are discussed considering the energy at the rapture of cavitation including the evaluation of the sound pressure and ts attenuation and introducing the appropriate oscillation circuit, after the metastasis block using the vibration is proposed. And then the possibility of the application of this therapy to stomach cancer and esophageal cancer by which the inner alimentary canal, specialized for the microstructure of the transducer.
キーワード (和) 血管内皮成長因子 / ベッセル関数 / キャビテーション / 熱死 / ウィーンブリッジ回路 / 高密度焦点式超音波治療 / 胃がん /  
(英) VEGF / Bessel Function / Cavitation / heat death / Wien bridge oscillation circuit / HIFU / stomach cancer /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 277, US2018-64, pp. 5-10, 2018年11月.
資料番号 US2018-64 
発行日 2018-10-26 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2018-64

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2018-11-02 - 2018-11-02 
開催地(和) 愛知工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-11-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 癌治療のための収束超音波治療の照射条件最適化 
サブタイトル(和) ネクローシスへの奏功性・副作用防止に特化した癌細胞殺傷 
タイトル(英) Optimization of the condition of irradiation of ultrasound for cancer therapy 
サブタイトル(英) Toward the necrosis of tumors with the high efficiency and without side effect 
キーワード(1)(和/英) 血管内皮成長因子 / VEGF  
キーワード(2)(和/英) ベッセル関数 / Bessel Function  
キーワード(3)(和/英) キャビテーション / Cavitation  
キーワード(4)(和/英) 熱死 / heat death  
キーワード(5)(和/英) ウィーンブリッジ回路 / Wien bridge oscillation circuit  
キーワード(6)(和/英) 高密度焦点式超音波治療 / HIFU  
キーワード(7)(和/英) 胃がん / stomach cancer  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 一秀 / Kazuhide Okada / オカダ カズヒデ
第1著者 所属(和/英) 新東京医科大学ポンペイ校 (略称: 新東京医科大ポンペイ校)
New Tokyo Medical College, Pohnpei campus (略称: NTMC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 町 淳二 / Junji Machi /
第2著者 所属(和/英) ハワイ大学 (略称: ハワイ大)
University of Hawaii (略称: Univ. of Hawaii,)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-02 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2018-64 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.277 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2018-10-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会