電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-31 10:25
[ポスター講演]Time Series Analysis of Multiple Primary Users by Cooperative Sensing based on SDAR Algorithm
Akihisa AbeYuya AokiTakeo FujiiUEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) As a way to utilize the limited frequency resource efficiently, frequency sharing based on the spectrum database has been attracted attention. In the spectrum database, the high accuracy recognition of radio environment is achieved by statistically analyzing the radio environment information observed by wireless terminals of each location. However, in the conventional spectrum database, observation values are statistically analyzed without taking transition of the communication state of the primary user (PU) into consideration. Therefore, if the communication state of the PU varies with time, the error between the observed value and the statistical value becomes large, and the frequency sharing performance may deteriorate. Thus, in this paper, we propose the method to construct the spectrum database with considering PU state transition. Specifically, multiple PUs and secondary users (SUs) situation are considered, and the SUs observe the radio environment information by cooperative sensing and detect PUs’ states transitions by sequential discounting auto regressive (SDAR) algorithm. Based on the detection results, each SU estimates the channel utilization rates of PUs, the average duration of PUs’ ON / OFF, and the average received power value, then reports them to the spectrum database. By using the proposed method, we show that the PUs’ states transitions can be detected accurately and estimation error of received power value can be improved compared with the conventional spectrum database.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Frequency Sharing / Spectrum Database / Sequential Discounting Auto Regressive / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 274, SR2018-80, pp. 49-50, 2018年10月.
資料番号 SR2018-80 
発行日 2018-10-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2018-10-30 - 2018-10-31 
開催地(和) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
開催地(英) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
テーマ(和) SmartCom2018 
テーマ(英) SmartCom2018 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-10-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Time Series Analysis of Multiple Primary Users by Cooperative Sensing based on SDAR Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Frequency Sharing  
キーワード(2)(和/英) / Spectrum Database  
キーワード(3)(和/英) / Sequential Discounting Auto Regressive  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 哲久 / Akihisa Abe / アベ アキヒサ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 祐也 / Yuya Aoki / アオキ ユウヤ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-31 10:25:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-80 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.274 
ページ範囲 pp.49-50 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SR-2018-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会