電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-31 10:25
[ポスター講演]Geo-social Relaying in Device-to-device Communications
Ushik Shrestha KhwakhaliPrapun SuksompongSIIT, TU)・Steven GordonCQUniversity
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Device-to-device (D2D) communications is used to communicate between mobile nodes in vicinity. A mobile node having D2D communication may sometimes experience poor quality of service and eventually could get disconnected. In such situations, mobile node may be deployed as a relay so that the communication quality can be improved or can be continued without interruption. Generally, mobile nodes are reluctant to relay data for other nodes because battery of the node is drained while relaying data. However, nodes that have strong relationship show willingness to deplete its power most of the time. This suggests that social relationship strength (social trust) among nodes as well as location of nodes should be taken under consideration in order to select a relay. The proposed Social-aware Midpoint Relay Selection Scheme provides higher throughput compared to Hybrid Relay Selection Scheme by Pan and Wang. 
(英) Device-to-device (D2D) communications is used to communicate between mobile nodes in vicinity. A mobile node having D2D communication may sometimes experience poor quality of service and eventually could get disconnected. In such situations, mobile node may be deployed as a relay so that the communication quality can be improved or can be continued without interruption. Generally, mobile nodes are reluctant to relay data for other nodes because battery of the node is drained while relaying data. However, nodes that have strong relationship show willingness to deplete its power most of the time. This suggests that social relationship strength (social trust) among nodes as well as location of nodes should be taken under consideration in order to select a relay. The proposed Social-aware Midpoint Relay Selection Scheme provides higher throughput compared to Hybrid Relay Selection Scheme by Pan and Wang.
キーワード (和) Geo-social / cooperative networks / device-to-device communications / social networks / social-aware relay selection / throughput / multihop networks /  
(英) Geo-social / cooperative networks / device-to-device communications / social networks / social-aware relay selection / throughput / multihop networks /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 SR RCS  
開催期間 2018-10-30 - 2018-10-31 
開催地(和) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
開催地(英) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
テーマ(和) SmartCom2018 
テーマ(英) SmartCom2018 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-10-SR-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Geo-social Relaying in Device-to-device Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Geo-social / Geo-social  
キーワード(2)(和/英) cooperative networks / cooperative networks  
キーワード(3)(和/英) device-to-device communications / device-to-device communications  
キーワード(4)(和/英) social networks / social networks  
キーワード(5)(和/英) social-aware relay selection / social-aware relay selection  
キーワード(6)(和/英) throughput / throughput  
キーワード(7)(和/英) multihop networks / multihop networks  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Ushik Shrestha Khwakhali / Ushik Shrestha Khwakhali /
第1著者 所属(和/英) SIIT, Thammasat University (略称: SIIT, TU)
SIIT, Thammasat University (略称: SIIT, TU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Prapun Suksompong / Prapun Suksompong /
第2著者 所属(和/英) SIIT, Thammasat University (略称: SIIT, TU)
SIIT, Thammasat University (略称: SIIT, TU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Steven Gordon / Steven Gordon /
第3著者 所属(和/英) Central Queensland University (略称: CQUniversity)
Central Queensland University (略称: CQUniversity)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-31 10:25:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SR 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.274 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会