電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-31 13:25
[ポスター講演]Efficient channel allocation for Citizens broadband radio service/spectrum access system
Ryo SatoKenta UmebayashiTUAT)・K. B. Shashika ManoshaUoO
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) CBRSシステムとは, incumbentユーザ, Priority Access License (PAL)ネットワーク, General Authorized Access (GAA)ネットワークによる三階層型の周波数共用システムである.
我々はCBRSシステムにおけるPAL, GAAネットワークのための効率的なチャネル割り当てについて, 特にチャネルの再割り当て問題について考える.
初期の時間帯では干渉電力の影響を考慮したチャネル割り当てを行い、次の時間帯では, いくつかのGAAネットワークが入れ替わりでCBRSシステムに加わる.
ここでチャネルの再割り当てを行う際に, 干渉電力の影響のみならずPAL, GAAネットワークに以前割り当てられたチャネルからの変更数を考慮する.
この問題に対して, 拘束条件を満たしつつ, チャネルの変更数を最小化する最適化問題を設定した.
加えて, GAAネットワークの干渉電力の閾値について, 初期の時間帯で受けた干渉電力を参照し, ネットワークごとに個別に設定, 最大値を元に設定, 平均を元に設定という三種類の拘束条件の設定法について検証した.
数値計算によって最大値を元に閾値を設定する方法を用いると, 少ないチャネルの変更数で比較的干渉電力を抑制が可能ということが示された.
また, 他の二つの方法と比べて, チャネル再割り当て問題が実行可能解を持つ確率の最大となることも確認した. 
(英) Citizens Broadband Radio Service (CBRS) system is the three-tier spectrum sharing systems which consists of incumbent user and Priority Access License (PAL) networks and General Authorized Access (GAA) networks.
We investigate an efficient channel allocation to PAL networks and GAA networks for CBRS system.
Specifically, we consider a channel re-allocation problem. In the first time slot, channels are allocated to the PAL and GAA networks by considering effect of interference.
In the next time slot, a few GAA networks left and a few new GAA networks come to CBRS system.
The channel re-allocation problem corresponds to a channel allocation in the second time slot and in this problem, it is preferred to consider not only the effect of interference but also the number of changes about channel allocations to the existing GAA and PAL networks.
For this problem, we set an optimization problem as minimizing the number of changing channels while several interference constraints.
In addition, we investigate three interference constraints, i.e. individual, mean, and maximum interference constraints, at GAA networks.
Numerical evaluation reveals that maximum interference constraint can achieve smaller number of changing channels while relatively low interference level.
In addition, this constraint can achieve the highest probability to achieve a feasible solution in the channel re-allocation problem.
キーワード (和) Citizens Broadband Radio Service / Spectrum Access System / チャネル割り当て / 整数計画問題 / / / /  
(英) Citizens Broadband Radio Service / Spectrum Access System / Channel allocation / Integer linear program / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 274, SR2018-89, pp. 83-84, 2018年10月.
資料番号 SR2018-89 
発行日 2018-10-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2018-10-30 - 2018-10-31 
開催地(和) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
開催地(英) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
テーマ(和) SmartCom2018 
テーマ(英) SmartCom2018 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-10-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient channel allocation for Citizens broadband radio service/spectrum access system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Citizens Broadband Radio Service / Citizens Broadband Radio Service  
キーワード(2)(和/英) Spectrum Access System / Spectrum Access System  
キーワード(3)(和/英) チャネル割り当て / Channel allocation  
キーワード(4)(和/英) 整数計画問題 / Integer linear program  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 遼 / Ryo Sato / サトウ リョウ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) K. B. Shashika Manosha / K. B. Shashika Manosha /
第3著者 所属(和/英) CWC, オウル大学 (略称: オウル大)
Centre for Wireless Communications, University of Oulu, Finland (略称: UoO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-31 13:25:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-89 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.274 
ページ範囲 pp.83-84 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SR-2018-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会