電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-30 13:30
[ポスター講演]Beaconing control for platoon safety: a braking scenario
Nobuhiro AriyasuXiaoyan WangMasahiro UmehiraIbaraki Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Recently, the researches on platooning have received lots of attention due to its potential to improve the fuel efficiency and driving experience. To realize platooning safety, high reliable and frequent communications are required. In high vehicle density situation, however, it is extremely challenging to guarantee the platoon safety due to the frequent packet loss caused by high traffic volume. In this paper, we propose a practical adaptive beaconing control scheme by estimating the number of surrounding vehicles. We verify the performance of the proposal on a harsh braking scenario by extensive simulation results. 
(英) Recently, the researches on platooning have received lots of attention due to its potential to improve the fuel efficiency and driving experience. To realize platooning safety, high reliable and frequent communications are required. In high vehicle density situation, however, it is extremely challenging to guarantee the platoon safety due to the frequent packet loss caused by high traffic volume. In this paper, we propose a practical adaptive beaconing control scheme by estimating the number of surrounding vehicles. We verify the performance of the proposal on a harsh braking scenario by extensive simulation results.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Inter-Vehicle communication / Inter-Vehicle distance / Beacon Interval / Adaptive control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 274, SR2018-67, pp. 19-20, 2018年10月.
資料番号 SR2018-67 
発行日 2018-10-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2018-10-30 - 2018-10-31 
開催地(和) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
開催地(英) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
テーマ(和) SmartCom2018 
テーマ(英) SmartCom2018 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-10-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Beaconing control for platoon safety: a braking scenario 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Inter-Vehicle communication  
キーワード(2)(和/英) / Inter-Vehicle distance  
キーワード(3)(和/英) / Beacon Interval  
キーワード(4)(和/英) / Adaptive control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有安 展洋 / Nobuhiro Ariyasu / アリヤス ノブヒロ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 潚岩 / Xiaoyan Wang / オウ ショウガン
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅比良 正弘 / Masahiro Umehira / ウメヒラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-30 13:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-67 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.274 
ページ範囲 pp.19-20 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SR-2018-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会