電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-30 10:30
[ポスター講演]Experimental Investigation of Static Channel Bonding Performance in Competitive Environment -- Impact of Different MAC Procedures in 802.11ac --
Kazuki FujiiHitomi TamuraFIT)・Daiki NobayashiKazuya TsukamotoKyutech
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IEEE802.11ac規格の通信高速化技術の一つに、隣接する複数のチャネルをまとめて利用するチャネルボンディング機能がある。しかし、通信帯域が拡大するため他の無線LAN機器と競合しやすくなってしまう。先行研究では、競合しない環境の単一のAPの通信性能を調査し、オプション機能のRequest To Send (RTS) / Clear To Send (CTS)の実装方法の違いから3パターンの通信手順があることを明らかにしたうえで、RTS/CTS利用の有無が競合時に性能に与える影響を調査した。しかし、CTS-to-Selfによる競合時の影響は未だ明らかになっていない。そこで本研究では、実機を用いた実験を行い、CTS-to-Selfによる競合時の通信性能を調査するとともに、3パターンの通信手順の競合時における各通信性能の比較および評価を行った。その結果、CTS-to-selfによる通信手順ではNAV期間が確保できていないためフレーム衝突が起こりやすく、RTS/CTSを利用しチャネルボンディングさせていたAPに悪影響を与えていた。それに対して、RTS/CTSを利用しないAPは、送信機会毎のデータフレーム数を調節しながら通信していたためフレーム衝突が起こりにくく、お互いの通信性能への影響が低減されていることがわかった。 
(英) Channel bonding technology, which bundles multiple adjacent channels for frame transmission, is one of the promising way for improving throughput performance in IEEE802.11ac wireless LANs. However, channel bonding technology leads to co-channel interference with other access points (APs) within the bonded channels. In our previous study, we investigated transmission performance of several commercially-available 802.11ac APs. As a result, we clarified three communication procedures from difference in method of implementation of Request To Send (RTS) / Clear To Send (CTS) or not. Furthermore, we investigated the impact of RTS/CTS on transmission performance by conducting experiments where two APs using RTS/CTS are competing in a bonded channels. However, we have not investigated transmission performance in the case that APs with different transmission procedures compete with each other in a bonded channels. Therefore, in this study, we conducted experiments using real WLAN products. Then, we compared and evaluated the communication performance in the case that two APs with different transmission procedures compete in the same channel. As a result, we showed that the AP employing CTS-to-self doesn’t set duration time in CTS frames, thereby the communication performance of the AP using RTS/CTS in channel bonding degrades due to frequent collisions in conflict channel. On the other hand, since AP not using RTS/CTS dynamically adjusts the number of data frames for each transmission opportunity to avoid frame collisions, we confirmed that the communication performance can be relatively maintained even under the competitive environment.
キーワード (和) IEEE802.11ac / チャネルボンディング / スタティックチャネルボンディング / アクセスポイント (AP) / RTS/CTSフレーム / CTS-to-self / /  
(英) IEEE802.11ac / Channel bonding / Static channel bonding / Access Point (AP) / RTS/CTS frame / CTS-to-self / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 274, SR2018-58, pp. 1-2, 2018年10月.
資料番号 SR2018-58 
発行日 2018-10-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2018-10-30 - 2018-10-31 
開催地(和) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
開催地(英) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
テーマ(和) SmartCom2018 
テーマ(英) SmartCom2018 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-10-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Investigation of Static Channel Bonding Performance in Competitive Environment 
サブタイトル(英) Impact of Different MAC Procedures in 802.11ac 
キーワード(1)(和/英) IEEE802.11ac / IEEE802.11ac  
キーワード(2)(和/英) チャネルボンディング / Channel bonding  
キーワード(3)(和/英) スタティックチャネルボンディング / Static channel bonding  
キーワード(4)(和/英) アクセスポイント (AP) / Access Point (AP)  
キーワード(5)(和/英) RTS/CTSフレーム / RTS/CTS frame  
キーワード(6)(和/英) CTS-to-self / CTS-to-self  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 一樹 / Kazuki Fujii / フジイ カズキ
第1著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technilogy (略称: FIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 瞳 / Hitomi Tamura / タムラ ヒトミ
第2著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technilogy (略称: FIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野林 大起 / Daiki Nobayashi / ノバヤシ ダイキ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyusyu Institute of Technilogy (略称: Kyutech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyusyu Institute of Technilogy (略称: Kyutech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-30 10:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-58 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.274 
ページ範囲 pp.1-2 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SR-2018-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会