電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-30 13:30
[ポスター講演]Enhancing 5G Cellular Networks for the Tactile Internet Revolution
Welikannage Upeksha Miyurangi WelikannaAttaphongse TaparugssanagornAIT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Future Internet of Things (IoT) frameworks will have enormous societal contact with technologies just if secure communications with ultra-low-latency will turn into a reality. In these advances, it would be exceptionally alluring that the round-trip time to send data from a source to a destination and back encounters latencies below than 5ms. In power distribution grids, very adverse out-of-stage infusions could be effectively maintained a strategic distance from if the sensors convey with the controllers and actuators inside under 2ms. In this investigation, we propose to efficiently attempt the investigation of the most noticeable outline standards for future close to-zero latency IoT frameworks with focus the network level of Fifth Generation (5G) wireless cellular networks.
The main objective of this study is to investigate in 5G wireless cellular communication networks to support low latency by investigating the potential gains of utilizing Massive MIMO for ultra-reliable, low-latency communication which is very important part of the tactile Internet and how to logically isolate low latency applications using network slicing. 
(英) Future Internet of Things (IoT) frameworks will have enormous societal contact with technologies just if secure communications with ultra-low-latency will turn into a reality. In these advances, it would be exceptionally alluring that the round-trip time to send data from a source to a destination and back encounters latencies below than 5ms. In power distribution grids, very adverse out-of-stage infusions could be effectively maintained a strategic distance from if the sensors convey with the controllers and actuators inside under 2ms. In this investigation, we propose to efficiently attempt the investigation of the most noticeable outline standards for future close to-zero latency IoT frameworks with focus the network level of Fifth Generation (5G) wireless cellular networks.
The main objective of this study is to investigate in 5G wireless cellular communication networks to support low latency by investigating the potential gains of utilizing Massive MIMO for ultra-reliable, low-latency communication which is very important part of the tactile Internet and how to logically isolate low latency applications using network slicing.
キーワード (和) Tactile Internet / 5G / Latency / Network Function Virtualization (NFV) / Software Defined Networks (SDN) / Network Slicing / Reliability / Base Band Unit (BBU)  
(英) Tactile Internet / 5G / Latency / Network Function Virtualization (NFV) / Software Defined Networks (SDN) / Network Slicing / Reliability / Base Band Unit (BBU)  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 SR RCS  
開催期間 2018-10-30 - 2018-10-31 
開催地(和) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
開催地(英) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
テーマ(和) SmartCom2018 
テーマ(英) SmartCom2018 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-10-SR-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Enhancing 5G Cellular Networks for the Tactile Internet Revolution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Tactile Internet / Tactile Internet  
キーワード(2)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(3)(和/英) Latency / Latency  
キーワード(4)(和/英) Network Function Virtualization (NFV) / Network Function Virtualization (NFV)  
キーワード(5)(和/英) Software Defined Networks (SDN) / Software Defined Networks (SDN)  
キーワード(6)(和/英) Network Slicing / Network Slicing  
キーワード(7)(和/英) Reliability / Reliability  
キーワード(8)(和/英) Base Band Unit (BBU) / Base Band Unit (BBU)  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Welikannage Upeksha Miyurangi Welikanna / Welikannage Upeksha Miyurangi Welikanna /
第1著者 所属(和/英) Asian Institute of Technology (略称: AIT)
Asian Institute of Technology (略称: AIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Attaphongse Taparugssanagorn / Attaphongse Taparugssanagorn /
第2著者 所属(和/英) Asian Institute of Technology (略称: AIT)
Asian Institute of Technology (略称: AIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-30 13:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SR 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.274 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会