電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-30 13:30
[ポスター講演]ミラーリングヌルステアリングと人工雑音を利用した多数端末との安全な情報共有を実現するマルチアンテナ中継法の検討
野口哲也田久 修信州大)・藤井威生電通大)・大槻知明慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,人工雑音とヌルステアリングを同時に利用した無線ネットワークにおける安全な情報共有法を提案する.提案法では,目的局が中継局を経由して他の目的局へ人工雑音が伝搬する際,通信路の伝搬路が相互に共通であることに注目し,1 つの設計方程式で二つのヌルを形成することができるミラーリングヌルステアリングを確立した.その結果,必要な中継局のアンテナ数を削減すると同時に,単一アンテナ無線システムで安全な情報共有を実現した. 
(英) This paper proposes secure information sharing among multiple destinations by using artificial noise and mirroring null steering (MNS) constructed by the relay with multiple antenna. The MNS can selectively pass the desired signal to all destinations and remove artificial noise. Because the destinations archive high-quality received signals and the other systems cannot, secure information sharing can be achieved from a physical layer security perspective. The MNS can construct double null with different directions owing to the common channel transfer function, and thus, the required antennas in the relay are reduced by almost half.
キーワード (和) 物理層セキュリティ / ミラーリングヌルステアリング / / / / / /  
(英) Physical Lay Security / Mirroring Null Steering / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 274, SR2018-72, pp. 31-32, 2018年10月.
資料番号 SR2018-72 
発行日 2018-10-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2018-10-30 - 2018-10-31 
開催地(和) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
開催地(英) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
テーマ(和) SmartCom2018 
テーマ(英) SmartCom2018 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-10-SR 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ミラーリングヌルステアリングと人工雑音を利用した多数端末との安全な情報共有を実現するマルチアンテナ中継法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of multi-antenna relay with mirroring null steering and artificial noise for secure information sharing among multiple nodes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物理層セキュリティ / Physical Lay Security  
キーワード(2)(和/英) ミラーリングヌルステアリング / Mirroring Null Steering  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 哲也 / Tetsuya Noguchi / ノグチ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu / タキュウ オサム
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki / オオツキ トモアキ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-30 13:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-72 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.274 
ページ範囲 pp.31-32 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SR-2018-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会