電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-30 10:30
[ポスター講演]上り回線非直交多元接続(NOMA)における周波数領域等化を適用したシングルキャリア伝送
真山健大秋元浩平亀田 卓末松憲治東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,周波数領域等化を用いるシングルキャリア伝送 (SC-FDE: single-carrier frequency domain equalization) を適用した2ユーザ端末 (UE: user equipment) の上り回線非直交多元接続 (NOMA: non-orthogonal multiple access) におけるリンクレベル特性を明らかにする.基地局では始めに基地局近傍 UE の信号を復調し,そのレプリカを生成する.その後,逐次干渉除去 (SIC: successive interference cancellation) を適用し基地局遠方 UE の信号を復調する.各 UE からの信号は独立した周波数選択性レイリーフェージングを通過するため受信点における非直交 UE 間の信号分離が困難となり,さらにどちらか一方の信号にその UE のチャネル等化処理を適用した場合,他方の信号の振幅が大きく歪むため受信特性が劣化する.本稿において,基地局近傍 UE と基地局遠方 UE のビット誤り率 (BER: bit error rate) を評価し,各 UE の独立したチャネル歪みが受信特性に与える影響を考察する.計算機シミュレーションで評価した結果,非直交 UE 間の希望局対干渉局信号電力比 (DUR: desired-to-undesired signal ratio) に関するトレードオフが存在し,独立したチャネル歪みが BER 特性に深刻な影響を与えることが分かった. 
(英) In this paper, we investigate the link-level performances in an uplink non-orthogonal multiple access (NOMA) with single-carrier frequency domain equalization (SC-FDE). The motivation of this work is to clarify the link-level performances for two user equipments (UE) over the independent frequency selective Rayleigh fading channels. The base-station (BS) firstly demodulates the signal of the near-BS and generates its replica, and then demodulates the signal of the far-BS UE after implementing a successive interference cancellation (SIC). Since the signal from each UE is affected by the independent channel distortions, it is difficult to separate the signals between the non-orthogonal UEs at the receiver of the BS. Moreover, the channel equalization processing to the signal of the UE distorts significantly the signal of the other UE. We evaluate a bit error rate (BER) performances for both of the near-BS UE and the far-BS UE. The results show that there is a trade-off of the desired-to-undesired signal ratio (DUR) between the non-orthogonal UEs and the independent channel distortions have a serious impact on the BER performances.
キーワード (和) 上り回線 / 非直交多元接続 / リンクレベルシミュレーション / 逐次干渉除去 / シングルキャリア伝送 / 周波数領域等化 / 周波数選択性レイリーフェージング / 希望局対干渉局信号電力比  
(英) Uplink / Non-orthogonal multiple access / Link-level simulation / Successive interference cancellation / Single-carrier / Frequency domain equalization / Frequency selective Rayleigh fading / Desired-to-undesired signal ratio  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 274, SR2018-63, pp. 11-12, 2018年10月.
資料番号 SR2018-63 
発行日 2018-10-23 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2018-10-30 - 2018-10-31 
開催地(和) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
開催地(英) Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand 
テーマ(和) SmartCom2018 
テーマ(英) SmartCom2018 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-10-SR 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 上り回線非直交多元接続(NOMA)における周波数領域等化を適用したシングルキャリア伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Uplink Non-Orthogonal Multiple Access with Single-Carrier Frequency Domain Equalization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 上り回線 / Uplink  
キーワード(2)(和/英) 非直交多元接続 / Non-orthogonal multiple access  
キーワード(3)(和/英) リンクレベルシミュレーション / Link-level simulation  
キーワード(4)(和/英) 逐次干渉除去 / Successive interference cancellation  
キーワード(5)(和/英) シングルキャリア伝送 / Single-carrier  
キーワード(6)(和/英) 周波数領域等化 / Frequency domain equalization  
キーワード(7)(和/英) 周波数選択性レイリーフェージング / Frequency selective Rayleigh fading  
キーワード(8)(和/英) 希望局対干渉局信号電力比 / Desired-to-undesired signal ratio  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 真山 健大 / Kenta Mayama / マヤマ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋元 浩平 / Kohei Akimoto / マヤマ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-30 10:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-63 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.274 
ページ範囲 pp.11-12 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SR-2018-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会