電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-25 10:20
周期的聴覚刺激が歩行間隔に与える影響に関する研究
岡島慎哉福永純也板井陽俊中部大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、音楽や周期的な音を利用した引き込みによる安定歩行の誘発と健康増進に関する研究が行われてい
る。引き込みを誘発させるためには、音のリズムに合わせた歩行を恣意的に行う必要がある。すなわち、実環境では、
被験者は周辺状況を確認しながらリズムと歩行の同期を行わなければならない。しかし、周辺状況に注意を向けたと
きの引き込みの誘発については議論されていない。本論文では、無意識にリズムを聴いた状態、注意を周辺状況へ向
けた状態において3 つのタスクを用い引き込みが誘発されるか検討を行う。 
(英) The auditory entrainment using a music or a periodic sound has been proposed to evoke a stable walking
and to control a health. However, in order to evoke an entrainment, the user must pay own attention to the sound
stimulus. This means that the user needs to watch a surrounding scene and to listen an auditory stimulus to avoid
various accidents in a real environment. In addition, the relation of an entrainment and attention for surrounding
situation has not been discussed. In this paper, we measure and analyze a walking interval when the subject pays
own attention to the periodic sound and the other task to confirm a safety entrainment.
キーワード (和) 歩行間隔 / 引き込み / / / / / /  
(英) Walking Interval / entrainment / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 264, SIS2018-11, pp. 7-11, 2018年10月.
資料番号 SIS2018-11 
発行日 2018-10-18 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS ITE-BCT  
開催期間 2018-10-25 - 2018-10-26 
開催地(和) 京都大学 百周年時計台記念館 
開催地(英) Kyoto University Clock Tower Centennial Hall 
テーマ(和) システム実現技術, 近距離通信応用システム, 知的マルチメディア処理システム,放送技術および一般 
テーマ(英) System Implementation Technology, Short Range Wireless Systems, Smart Multimedia Systems, Broadcasting Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2018-10-SIS-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周期的聴覚刺激が歩行間隔に与える影響に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Effect of Periodic Auditory Stimulation for Walking Interval 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行間隔 / Walking Interval  
キーワード(2)(和/英) 引き込み / entrainment  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡島 慎哉 / Shin'ya Okajima / オカジマ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福永 純也 / Jun'ya Fukunaga / フクナガ ジュンヤ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 板井 陽俊 / Akitoshi Itai / イタイ アキトシ
第3著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-25 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2018-11 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.264 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SIS-2018-10-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会