お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-20 16:10
歴史的地方都市におけるハザード情報の地域住民による検討
松尾 将岡崎泰久三島伸雄佐賀大ET2018-52
抄録 (和) 本研究では,歴史的地方都市における自主防災活動の一環として,地域ハザードマップ作成支援システムを用いて収集したハザード情報の検討を行った.歴史的地方都市は,伝統的景観の保全や高齢化などの特徴から,災害に対して脆弱である.今回,実際にまち歩きで集めたハザード情報について,地域住民による意見交換を行いながら情報の独自性や妥当性について評価を行い,ハザードマップを地域防災に活かすための方策について検討を行った. 
(英) In this research, as a part of voluntary disaster prevention activities in historical local town, we examined hazard information collected using regional hazard map creation support system. Historical local towns are vulnerable to disasters due to features such as traditional landscape conservation and aging. For the hazard information gathered in the town walk, we evaluated the identity and validity of the information while exchanging opinions by the local residents, and examined the measures to utilize the hazard map for regional disaster prevention.
キーワード (和) 防災 / ハザードマップ / ICT / 地方都市 / / / /  
(英) Disaster prevention / Hazard map / ICT / Local town / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 261, ET2018-52, pp. 83-88, 2018年10月.
資料番号 ET2018-52 
発行日 2018-10-13 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2018-52

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2018-10-20 - 2018-10-20 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) Fukuoka Institute of Technology 
テーマ(和) 新技術にもとづく学習支援/一般 
テーマ(英) Learning Support based on New Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2018-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歴史的地方都市におけるハザード情報の地域住民による検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Review of Hazard Information by Residents in a Historical Local Town 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 防災 / Disaster prevention  
キーワード(2)(和/英) ハザードマップ / Hazard map  
キーワード(3)(和/英) ICT / ICT  
キーワード(4)(和/英) 地方都市 / Local town  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 将 / Sho Matsuo / マツオ ショウ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 泰久 / Yasuhisa Okazaki / オカザキ ヤスヒサ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三島 伸雄 / Nobuo Mishima / ミシマ ノブオ
第3著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: saga Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-20 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2018-52 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.261 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2018-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会