お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-19 09:55
重なる単位構造の論理和で平面回路パターンを生成する遺伝的アルゴリズムに適した突然変異に関する検討
中川賢人藤森和博岡山大AP2018-93
抄録 (和) 近年マイクロ波を用いた無線電力伝送技術が注目されている.RF-DC変換回路は,本技術にとって最も重要なキーデバイスの1つであるが,ダイオードの持つ非線形特性などの様々な要因のため,設計に試行錯誤を伴う.そこで我々は,遺伝的アルゴリズム(GA)とLE-FDTD法を組み合わせた自動設計手法の検討を行っている.
本論文では,従来のGAを用いた平面回路パターンの自動設計を行い,その問題点について述べる.次に,問題点を解決するために,論理和で回路パターンを表現する符号化手法を提案し,自動設計の結果を示す.さらに,回路動作に寄与しない構造を除去するために,突然変異を追加する拡張アルゴリズムを提案する.最後にこの方法による結果を示し,効果的に不要な構造を排除できることを示す. 
(英) Microwave wireless power transfer technology attracts attention. An RF-DC conversion circuit is one of the most important key devices for these systems, but the circuit design involves trial and error because of the nonlinear characteristics of diodes. Therefore, automatic design by the method using the Genetic Algorithm method combined to the Lumped Element Finite Difference Time Domain method has been investigated.
In this paper, automatic design of planar circuit patterns using the conventional genetic algorithm is performed, and the problem in this encoding method is described. Next, to solve the problem of this conventional method, an encoding method which expresses a circuit pattern by Logical OR is proposed, and the result of automatic design using this method is demonstrated and discussed. Furthermore, we propose an extended algorithm that adds mutations to eliminate structures which do not contribute to circuit operation. Then, analysis results by this method are shown, which shows that effectively unnecessary patches can be eliminated.
キーワード (和) 遺伝的アルゴリズム / RF-DC変換回路 / LE-FDTD / 突然変異 / / / /  
(英) Genetic Algorithm / RF-DC conversion circuit / LE-FDTD / Mutation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 246, AP2018-93, pp. 25-30, 2018年10月.
資料番号 AP2018-93 
発行日 2018-10-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2018-93

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 岡山大学 
開催地(英) Okayama Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2018-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 重なる単位構造の論理和で平面回路パターンを生成する遺伝的アルゴリズムに適した突然変異に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Suitable Mutation for Genetic Algorithm Generating Planar Circuit Pattern by Logical OR of Overlapping Unit Structures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遺伝的アルゴリズム / Genetic Algorithm  
キーワード(2)(和/英) RF-DC変換回路 / RF-DC conversion circuit  
キーワード(3)(和/英) LE-FDTD / LE-FDTD  
キーワード(4)(和/英) 突然変異 / Mutation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 賢人 / Kento Nakagawa / ナカガワ ケント
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤森 和博 / Kazuhiro Fujimori / フジモリ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-19 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2018-93 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会