電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-19 11:35
車車間通信セキュリティとブロックチェーン
大西洋文アルパイン米国リサーチ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 自動車と外部IT世界との接続の多様化により、自動車の(電子機器の)サイバー脆弱性への社会懸念が高まっている。 特に、自動車のセキュリティは、「即応性を要する安全アプリケーションが多いこと」と「自宅不在時刻等を含む自動車の走行履歴の二次犯罪への悪用懸念」等の追加の課題がある。
一方、近隣の車両同士が、サーバー/基地局を介さず、直接に通信を行う車車間通信は、「短い通信遅延」と「インフラ不要」の利点から、多くのアプリケーションへの応用が期待されている。 しかしながら、車両同士が直接に通信を行う車車間通信では、その利点の反面、不正ノード(つまり、不正車両)の検出/排除が困難である。
そこで、本報告では、業界で提案中の公開鍵を利用した車車間通信セキュリティ方式の特長と実現課題を議論する。その後、現在、金融業界で注目されているブロックチェーンに対する自動車業界の応用取り組み例を紹介し、最後に、ブロックチェーンを車車間通信セキュリティに応用するための課題を議論する。 
(英) Broader connectivity between modern vehicles and the external IT world enlarges the social concern about cyber-risks on vehicles. Moreover, vehicle cyber-security has additional difficulties compared to ordinary IT security, for example, the requirement for the shorter response on vehicle safety applications, and risks of driving history which indicates possible times of drivers’ absence from home to be abused for secondary crimes.
On the other hand, VANET (Vehicle Ad-hoc Network, i.e., V2V communication) is expected to be applied to various applications because of its short communication latency and not needing of an infrastructure, caused by direct communication between neighboring vehicles not through a base-station nor a server. However, VANET, where individual vehicles communicate directly, has difficulties to detect/exclude malicious nodes (i.e., vehicles), on the contrary to its advantages.
Hence, this report first discusses the advantages and challenges on VANET security with PKI (Public Key Infrastructure) currently proposed by the industry. After that, it introduces industrial approaches to apply blockchain currently getting attention in the financial industry; then, finally, discusses the challenges to apply blockchain to VANET security.
キーワード (和) 車載(電子機器)セキュリティ / 車車間通信 / 分散台帳技術 / ブロックチェーン / 公開鍵暗号 / PKI(Public Key Infrastructure) / /  
(英) vehicle cyber-security / VANET(Vehicle Ad-hoc Network) / V2V communication / Blockchain / SCMS(Security Credential Management System) / PKI(Public Key Infrastructure) / DLT(Distributed Ledger Technology) /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 245, IN2018-48, pp. 31-36, 2018年10月.
資料番号 IN2018-48 
発行日 2018-10-11 (ICTSSL, IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN ICTSSL NWS  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 高松商工会議所会館 
開催地(英) Takamatsu Shoko Kaigisyo Kaikan 
テーマ(和) ネットワーク信頼性技術、セキュリティ・プライバシ保護技術、認証/ID管理、Webサービス/SOA/ROA基盤、ソーシャルネットワーク(SNS)、サイバー攻撃対策、災害対策・障害対策、レジリエンス、及び一般

注:NWS研究会のみ発表申込の締切日及び申込方法が異なります.詳細はこちらをご参照ください。 
テーマ(英) Network Reliability, Security/Privacy, Authentication/Identification Management, Web Services/SOA/ROA, SNS, Anti-Cyber Attack, Anti-Disaster/Failure, Resilience 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-10-IN-ICTSSL-NWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車車間通信セキュリティとブロックチェーン 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) VANET (Vehicle Ad-hoc Network) Security and Blockchain 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車載(電子機器)セキュリティ / vehicle cyber-security  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / VANET(Vehicle Ad-hoc Network)  
キーワード(3)(和/英) 分散台帳技術 / V2V communication  
キーワード(4)(和/英) ブロックチェーン / Blockchain  
キーワード(5)(和/英) 公開鍵暗号 / SCMS(Security Credential Management System)  
キーワード(6)(和/英) PKI(Public Key Infrastructure) / PKI(Public Key Infrastructure)  
キーワード(7)(和/英) / DLT(Distributed Ledger Technology)  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 洋文 / Hirofumi Onishi / オオニシ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) アルパインー米国リサーチ (略称: アルパイン米国リサーチ)
Alpine Electronics Research of America, Inc. (略称: Alpine America Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-19 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-ICTSSL2018-31,IEICE-IN2018-48 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.244(ICTSSL), no.245(IN) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICTSSL-2018-10-11,IEICE-IN-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会