お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-19 15:15
視覚刺激がマウスの歩行運動に及ぼす影響
大﨑大輝外川龍之介和田みなみ吉田侑冬中尾光之虫明 元片山統裕東北大NC2018-16
抄録 (和) 視野内の対象全体が一定方向に動いたとき,動物にはその動きに合わせて身体を同じ方向に動かそうとする反応が見られる(視運動性反応).本研究ではC57BL/6マウスを対象に,広視野ディスプレイと球式トレッドミルを組み合わせた実験系を用いて,回転ドラム刺激に対する視運動性反応を計測した.その結果,実験に用いた3匹のマウスのうち2匹において,視覚刺激中に刺激とは逆方向へ旋回する運動(頭部を同方向に向けようとしたときの動きに相当する)が増加する傾向が見られた.明瞭な視運動性反応が見られたマウスにおいては,ドラムの回転速度がおよそ毎秒40度以下の範囲では速度の増加に伴い旋回反応が強くなる傾向がみられたが,回転速度がこれを上回ると反応が減少した.この視運動性反応の上限値は過去に報告されているマウスの視機性眼球反応より大きかった.このことから,視運動反応系は視機性眼球運動で補償しきれなかった誤差成分も利用している可能性が示唆される. 
(英) When the entire object in the field of view of an animal moves in a certain direction, the animal moves its body in the same direction (optomotor response, OMR). In this study, the OMR of C57BL/6 mice to rotating drum stimulation was measured using an experimental system combined with a wide field display and a spherical treadmill. It was found that two of the three mice used in the experiment showed a rotating motion corresponding to the head movement in the same direction as the stimulation increased during visual stimulation. The upper limit speed of drum rotation for OMR induction was greater than the OKR of ocular movement reported previously. Therefore, it is suggested that the OMR system uses error components that cannot be compensated by OKR.
キーワード (和) マウス / 視運動反応 / 行動試験 / ベクション / / / /  
(英) Mouse / Optomotor Response / Behavioral Testing / Vection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 258, NC2018-16, pp. 19-22, 2018年10月.
資料番号 NC2018-16 
発行日 2018-10-12 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2018-16

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2018-10-19 - 2018-10-20 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2018-10-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚刺激がマウスの歩行運動に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The influence of visual stimulation on the locomotion of mice 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マウス / Mouse  
キーワード(2)(和/英) 視運動反応 / Optomotor Response  
キーワード(3)(和/英) 行動試験 / Behavioral Testing  
キーワード(4)(和/英) ベクション / Vection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大﨑 大輝 / Daiki Osaki / オオサキ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 外川 龍之介 / Ryunosuke Togawa / トガワ リュウノスケ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 みなみ / Minami Wada / ワダ ミナミ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 侑冬 / Yuto Yoshida / ヨシダ ユウト
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 光之 / Mitsuyuki Nakao / ナカオ ミツユキ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 虫明 元 / Hajime Mushiake / ムシアケ ハジメ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 統裕 / Norihiro Katayama / カタヤマ ノリヒロ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-19 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2018-16 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.258 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NC-2018-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会