電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-19 13:55
[依頼講演]Massive MIMO-OFDM伝送におけるMIMOチャネルのヌル空間を活用した適応PAPR抑圧法の効果についての考察
樋口健一東京理科大RCS2018-172
抄録 (和) 本稿では,筆者らが先に提案したMIMO(multiple-input multiple-output)-OFDM(orthogonal frequency division multiplexing)伝送におけるMIMOチャネルのヌル空間を活用した適応ピーク電力対平均電力比(PAPR: peak-to-average power ratio)抑圧法の特性に,適用されるビームフォーミング(BF: beamforming)制御が与える影響について考察する.MIMOチャネルのヌル空間を活用した適応PAPR抑圧法は,クリッピング・フィルタリング(CF: clipping and filtering)法に基づいて生成されたPAPR抑圧信号をMIMOチャネルのヌル空間に限定して送信することにより,干渉となるPAPR抑圧信号によるデータストリームの伝送品質の劣化を抑え,PAPR対スループット特性を改善できる.筆者らのこれまでの検討により,BFに固有モードMIMOを用いた場合のほうがゼロフォーシング(ZF: zero forcing)を用いた場合よりも本PAPR抑圧法の効果が大きいことがわかっている.また,周波数ブロック毎に異なるBFを適用する周波数選択性BFを行った場合,本PAPR抑圧法の効果が増大する.本稿では,これらの現象の一因について解析し,どのようなBFと組み合わせるとMIMOチャネルのヌル空間を活用したPAPR抑圧法の効果を大きくできるかについて考察する. 
(英) This paper analyzes the impact of the applied beamforming (BF) method on the performance of our previously reported adaptive peak-to-average power ratio (PAPR) reduction method using the null space in multiple-input multiple-output (MIMO) channel for MIMO-orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) signals. The adaptive PAPR reduction method using null space in MIMO channel can mitigate the data throughput degradation due to the interference from the PAPR reduction signal generated by the clipping and filtering (CF) algorithm, by restricting the transmission of PAPR reduction signal only to the null space in MIMO channel. Our previous investigation quantitatively revealed that the effect of the proposed PAPR reduction method is large when eigenmode MIMO is used as BF method compared to the case where zero forcing (ZF)-based BF is applied. Furthermore, the use of frequency-selective BF, where different BF matrices are applied to different frequency blocks, increases the performance gain of the proposed PAPR reduction method. This paper investigated several reasons for these phenomena, and discuss appropriate BF strategy to enhance the effect of the adaptive PAPR reduction method using null space in MIMO channel.
キーワード (和) PAPR / OFDM / MIMO / Massive MIMO / ビームフォーミング / クリッピング・フィルタリング / /  
(英) PAPR / OFDM / MIMO / Massive MIMO / Beamforming / Clipping and filtering / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 254, RCS2018-172, pp. 115-120, 2018年10月.
資料番号 RCS2018-172 
発行日 2018-10-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2018-172

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Massive MIMO-OFDM伝送におけるMIMOチャネルのヌル空間を活用した適応PAPR抑圧法の効果についての考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis on the Performance of Adaptive PAPR Reduction Method Using Null Space in MIMO Channel for Massive MIMO-OFDM Signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(4)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(5)(和/英) ビームフォーミング / Beamforming  
キーワード(6)(和/英) クリッピング・フィルタリング / Clipping and filtering  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-19 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-172 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会