電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-19 13:55
量子雑音限界で動作する光通信システムにおける通信路容量
菊池和朗NIAD-QE
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 本論文では,量子雑音限界で動作する強度変調・直接検波およびコヒーレント光通信システムにおける符号誤り率(BER)および相互情報量を解析する。まず,量子雑音限界で動作するシステムにおいて,各種変復調方式に対するBERや相互情報量を平均光子数の関数として計算する。また,相互情報量の上限は通信路容量(シャノン限界)として規定されるが,上記の相互情報量がどの程度シャノン限界に近づき得るかを検討する。このようなBERや相互情報量の検討は,極限的に微少な光子数でより多くの情報量を伝送するシステムに対する設計指針を与えるので,宇宙光通信などの無中継光伝送システムの分野で重要となると考えられる。 
(英) In this paper, we analyze the bit-error rate (BER) and mutual information characteristics of intensity modulation/direct detection systems and coherent optical communication systems, which are operating in the quantum-noise-limited state. In such systems, the BER and mutual information for various modulation formats can be evaluated as a function of the average number of photons. The channel capacity, which is also called the Shannon limit, is defined as the upper limit of the mutual information; we discuss how the above-mentioned mutual information can approach the channel capacity. These analyses on the BER and mutual information give us the design guideline for the system which realizes larger transmission capacity using fewer photon numbers; hence, they may be important in unrepeated optical transmission systems such as space optical communication systems.
キーワード (和) 光通信 / 通信路容量 / 相互情報量 / 直接検波光受信器 / コヒーレント光受信器 / / /  
(英) Optical communications / Channel capacity / Mutual information / Direct-detection-based optical receivers / Coherent optical receivers / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 251, OCS2018-47, pp. 105-110, 2018年10月.
資料番号 OCS2018-47 
発行日 2018-10-11 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OPE LQE OCS  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 佐賀県教育会館 第1会議室 
開催地(英)  
テーマ(和) 超高速伝送・変復調・分散補償技術,超高速光信号処理技術,広帯域光増幅・WDM技術,受光デバイス,高光出力伝送技術,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2018-10-OPE-LQE-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子雑音限界で動作する光通信システムにおける通信路容量 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel Capacity in Quantum-Noise-Limited Optical Communication Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光通信 / Optical communications  
キーワード(2)(和/英) 通信路容量 / Channel capacity  
キーワード(3)(和/英) 相互情報量 / Mutual information  
キーワード(4)(和/英) 直接検波光受信器 / Direct-detection-based optical receivers  
キーワード(5)(和/英) コヒーレント光受信器 / Coherent optical receivers  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 和朗 / Kazuro Kikuchi / キクチ カズロウ
第1著者 所属(和/英) 大学改革支援・学位授与機構 (略称: NIAD-QE)
National Institution for Academic Degrees and Quality Enhancement of Higher Education (略称: NIAD-QE)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-19 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2018-47,IEICE-OPE2018-83,IEICE-LQE2018-72 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.251(OCS), no.252(OPE), no.253(LQE) 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2018-10-11,IEICE-OPE-2018-10-11,IEICE-LQE-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会