電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-19 15:35
一対のStuart-Landau発振器に最小結合強度で振動停止を誘発する遅延時間
幸田嵩裕テキ博偉阪府大)・杉谷栄規茨城大)・小西啓治原 尚之阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2つの同一のStuart-Landau発振器を遅延結合すると,各発振器の振動を停止させることができる.本報告では,遅延時間が発振器の固有振動の1/4 周期となるときに最小結合強度で振動停止が誘発されることを示す.また,発振器の過渡状態での振る舞いを調べ,この結果の妥当性を考察する. 
(英) The time-delayed coupling can induce amplitude death in two identical Stuart-Landau oscillators. This report shows that the coupling strength for inducing amplitude death is minimized when the delay time is a quarter period of natural oscillation. The validity of this result is confirmed by considering the transient behavior of the oscillators.
キーワード (和) 振動停止 / 結合発振器 / 熱音響現象 / Stuart-Landau発振器 / / / /  
(英) Amplitude death / Coupled oscillators / Thermoacoustic phenomena / Stuart-Landau oscillators / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 243, NLP2018-95, pp. 127-132, 2018年10月.
資料番号 NLP2018-95 
発行日 2018-10-11 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 数理モデリング,数値シミュレーション,一般 
テーマ(英) Mathematical modeling, numerical simulation etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2018-10-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 一対のStuart-Landau発振器に最小結合強度で振動停止を誘発する遅延時間 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Coupling delay inducing amplitude death in a pair of Stuart-Landau oscillators with minimal coupling strength 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 振動停止 / Amplitude death  
キーワード(2)(和/英) 結合発振器 / Coupled oscillators  
キーワード(3)(和/英) 熱音響現象 / Thermoacoustic phenomena  
キーワード(4)(和/英) Stuart-Landau発振器 / Stuart-Landau oscillators  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 幸田 嵩裕 / Takahiro Kouda / コウダ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) テキ 博偉 / Hakui Teki / テキ ハクイ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉谷 栄規 / Yoshiki Sugitani / スギタニ ヨシキ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 啓治 / Keiji Konishi / コニシ ケイジ
第4著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 尚之 / Naoyuki Hara / ハラ ナオユキ
第5著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-19 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2018-60,IEICE-NLP2018-95 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.242(CAS), no.243(NLP) 
ページ範囲 pp.127-132 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2018-10-11,IEICE-NLP-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会