電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-18 10:50
Faster-than-Nyquistを用いるWindowed-OFDMのブロック誤り率特性
阿南光隆佐和橋 衛東京都市大)・岸山祥久NTTドコモ
抄録 (和) 本稿では,マルチパスフェージングチャネルにおけるwindowed- Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM)にFaster-than-Nyquist (FTN)を適用したときの(BLER: Block Error Rate)特性を計算機シミュレーションにより評価する.本稿では,OFDMの矩形波パルスに非常に小さなロールオフ率のレイズドコサインロールオフの窓関数を施した.FTNを用いることによるシンボル間干渉及びサブキャリア間干渉を抑圧するため,Minimum Mean Square Error (MMSE)フィルタを用いるターボSoft-Interference Canceller (SIC)を用いた.計算機シミュレーション結果より,OFDMに対するFTNの周波数効率改善ファクタ$gamma$の値が1.5程度よりも大きい場合には,第1ステージにおいてチャネル符号化ブロック最尤検出(MLD)は,BLERが$10^{-2}$を満たすための所要受信SNRをFTNシンボル毎MLDに比較して低減できることを示す.また,16QAMを用いるOFDMに$gamma$ = 1.30及び1.37のFTNを適用した場合の平均BLERが$10^{-2}$を満たすための所要平均受信SNRは,32QAMを用いるCyclic prefix (CP)ベースのOFDM ($gamma$ = 1.25に相当)に比較して,それぞれ約1.2,0.2 dB低減できることを示す.一方,$gamma$が1.5程度より大きいとき,QPSKあるいは16QAMを用いるOFDMにFTNを適用した場合,同等の周波数効率を満たす16QAMあるいは64QAMを用いるCPベースのOFDMに比較して所要受信SNRの改善効果が得られないことを示す. 
(英) This paper presents the average block error rate (BLER) performance of windowed - orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) using faster-than-Nyquist (FTN) signaling in a multipath fading channel. The high-level inter-symbol-interference (ISI) and inter-subcarrier-interference (ICI) for windowed-OFDM are suppressed by using minimum mean square error (MMSE) based turbo soft interference canceller (SIC). Computer simulation results show that the channel-code-block based maximum likelihood detection (MLD) decreases the required received signal-to-noise power ratio (SNR) satisfying the BLER of $10^{-2}$ compared to symbol-by-symbol based MLD for the large compression factor $gamma$ such as 1.76 that corresponds to the improvement in the frequency efficiency of the FTN signaling from cyclic prefix (CP) based OFDM, in the first stage of the turbo SIC. We also show that the required average received SNR at the average BLER of $10^{-2}$ for FTN signaling using 16QAM with $gamma$ = 1.30 and 1.37 is decreased by approximately 1.2 and 0.2 dB compared to that with 32QAM for OFDM with CP that achieves the same frequency efficiency. Meanwhile, when $gamma$ is equal or larger than approximately 1.5, the gain in decreasing the required received SNR by applying FTN signaling to QPSK or 16QAM is not obtained compared to CP based OFDM using 16QAM and 64QAM, respectively.
キーワード (和) OFDM / faster-than-Nyquist / turbo SIC / ISI / ICI / 16QAM / /  
(英) OFDM / faster-than-Nyquist / turbo SIC / ISI / ICI / 16QAM / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 254, RCS2018-155, pp. 31-36, 2018年10月.
資料番号 RCS2018-155 
発行日 2018-10-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Faster-than-Nyquistを用いるWindowed-OFDMのブロック誤り率特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) BLER Performance of Windowed-OFDM Using Faster-than-Nyquist Signaling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) faster-than-Nyquist / faster-than-Nyquist  
キーワード(3)(和/英) turbo SIC / turbo SIC  
キーワード(4)(和/英) ISI / ISI  
キーワード(5)(和/英) ICI / ICI  
キーワード(6)(和/英) 16QAM / 16QAM  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿南 光隆 / Mitsutaka Anan / アナン ミ ツタカ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸山 祥久 / Yoshihisa Kishiyama / キシヤマ ヨシヒサ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-18 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-155 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会