電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-18 12:10
[依頼講演]複数周波数帯利用無線LANの研究開発
矢野一人ATR
抄録 (和) 無線LANトラヒックは増加の一途を辿っており,周波数利用効率の向上は急務である.そのため,筆者らは複数周波数帯に散在する空きリソースを検出して利用する複数周波数帯利用無線LANの検討を行っている.本稿では複数周波数帯利用無線LANのシステム概要,ならびにその主要要素技術である複数周波数帯同時利用アクセスプロトコル,チャネル利用状況に応じて使用周波数帯や送信タイミング等を最適化する送信パラメータ制御アルゴリズム,および近い将来のチャネル利用状況を予測する予測センシング手法について概説する.加えて,IEEE 802.11における複数周波数帯利用に関する標準化動向についても紹介する. 
(英) In order to meet increasing traffic load on wireless communcation, the author has studied a multiband wireless LAN which can effectively detect and exploit unused radio resources scattered in time and frequency domains. This paper introduces the R&D activities on the multiband wireless LAN and its key techniques including channel access protocol, algorithm for transmit band/timing selection, and prediction of channel status (idle/busy). This paper also introduces recent standardization activity of IEEE 802.11 on utilization of multiple frequency bands in wireless LAN.
キーワード (和) 無線LAN / マルチバンド / アクセス制御方式 / 予測センシング / IEEE 802.11 / 国際標準化 / /  
(英) wireless LAN / multiband operation / access control scheme / channel status prediction / IEEE 802.11 / international standardization / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 254, RCS2018-158, pp. 45-50, 2018年10月.
資料番号 RCS2018-158 
発行日 2018-10-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数周波数帯利用無線LANの研究開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research & development of wireless LAN using multiple frequency bands 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) マルチバンド / multiband operation  
キーワード(3)(和/英) アクセス制御方式 / access control scheme  
キーワード(4)(和/英) 予測センシング / channel status prediction  
キーワード(5)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(6)(和/英) 国際標準化 / international standardization  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 一人 / Kazuto Yano / ヤノ カズト
第1著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-18 12:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-158 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会