お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-18 10:40
FPGAを活用したDPDKアプリケーションの高速化研究
大谷育生澤崎文彦堀米紀貴NTTNS2018-106
抄録 (和) 仮想化環境において、物理NICとVM間、VMとVM間を高速に接続するDPDKアプリケーションの1つであるSPP (Soft Patch Panel) に関して、さらなる高速化のための研究を行っている。特に、高速化手段の1つとしてFPGAの適用に取り組んでいる。
本稿では、SPPへのFPGA適用のための方式検討結果や、FPGAに機能実装後に実施した性能評価結果、およびその考察内容について述べる。 
(英) We are researching on acceleration of SPP (Soft Patch Panel), which is high-speed DPDK software connecting VMs with physical NICs or other VMs. As a means of acceleration, application of FPGA is focused on.
In this paper, architecture and performance examination result of FPGA applied SPP are stated.
キーワード (和) SPP / DPDK / FPGA / ロードバランサ / スケールアウト / 仮想マシン / /  
(英) SPP / DPDK / FPGA / Load Balancer / Scale Out / Virtual Machine / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 250, NS2018-106, pp. 7-12, 2018年10月.
資料番号 NS2018-106 
発行日 2018-10-11 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-106

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 京都教育文化センター 
開催地(英) Kyoto Kyoiku Bunka Center 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ,P2P,ユビキタスNW,スケールフリーNW,アクティブNW,NGN・新世代NW),次世代パケットトランスポート(高速Ethernet,IP over WDM,マルチサービスパケット技術,MPLS),グリッド,一般 
テーマ(英) Network architecture (Overlay, P2P, Ubiquitous network, Scale-free network, Active network, NGN, New Generation Network), Next generation packet transport (High speed Ethernet, IP over WDM, Multi-service package technology, MPLS), Grid, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-10-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FPGAを活用したDPDKアプリケーションの高速化研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on Acceleration of DPDK Application by Utilizing FPGA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SPP / SPP  
キーワード(2)(和/英) DPDK / DPDK  
キーワード(3)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(4)(和/英) ロードバランサ / Load Balancer  
キーワード(5)(和/英) スケールアウト / Scale Out  
キーワード(6)(和/英) 仮想マシン / Virtual Machine  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 育生 / Ikuo Otani / オオタニ イクオ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤崎 文彦 / Fumihiko Sawazaki / サワザキ フミヒコ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀米 紀貴 / Noritaka Horikome / ホリコメ ノリタカ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-18 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-106 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.250 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会