電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-18 13:50
[ポスター講演]隠れ端末の影響を考慮した全二重WLANにおけるスループット解析
眞田耕輔森 香津夫三重大NS2018-117
抄録 (和) 本研究では, 隠れ端末の影響を考慮した全二重WLANにおけるスループット解析手法を提案する. 無線全二重通信のためのMACプロトコル(FD MAC) の本質的な動作を数理モデルとしてモデル化し, 隠れ端末が存在するWLANにおける飽和スループットを理論的に導出する. 本解析手法は, 制御フレーム等を用いた同期型FD MACと制御フレームを用いない非同期型FDMACの2つの代表的な方式の性能解析に適用可能である. 本解析手法を用いて, 隠れ端末が存在するWLANにおいて2つのFD MACを用いた際のネットワークスループット特性について議論する. 
(英) Full duplex (FD) communication can potentially double the throughput of a point-to-point link. However, to achieve such benefits, it is necessary to design FD medium access control (MAC) protocols. From the viewpoint of using control frames to adjust FD-frame transmission timing, the FD MAC protocols are classified into two types; synchronous FD MAC and asynchronous one. However, quantitative evaluation of the effectiveness of these protocols in wireless local area networks (WLANs) has not been obtained. This paper proposes the throughput analysis for FD WLANs under the consideration of hidden nodes collisions. For obtaining that, two Markov-chain models are used in this paper. The one expresses the core operation of FD MAC protocols, and another expresses a frame-retransmission process. Through the proposed model, the potential of two major types of FD MAC protocols can be evaluated quantitatively.
キーワード (和) 無線全二重通信 / WLAN / スループット解析 / マルコフモデル / FD MAC / / /  
(英) Wireless full duplex networks / WLAN / throughput analysis / Markov-chain model / FD MAC / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 250, NS2018-117, pp. 59-64, 2018年10月.
資料番号 NS2018-117 
発行日 2018-10-11 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-117

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 京都教育文化センター 
開催地(英) Kyoto Kyoiku Bunka Center 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ,P2P,ユビキタスNW,スケールフリーNW,アクティブNW,NGN・新世代NW),次世代パケットトランスポート(高速Ethernet,IP over WDM,マルチサービスパケット技術,MPLS),グリッド,一般 
テーマ(英) Network architecture (Overlay, P2P, Ubiquitous network, Scale-free network, Active network, NGN, New Generation Network), Next generation packet transport (High speed Ethernet, IP over WDM, Multi-service package technology, MPLS), Grid, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-10-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 隠れ端末の影響を考慮した全二重WLANにおけるスループット解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Analysis for Full Duplex Wireless Local Area Networks with Hidden Nodes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線全二重通信 / Wireless full duplex networks  
キーワード(2)(和/英) WLAN / WLAN  
キーワード(3)(和/英) スループット解析 / throughput analysis  
キーワード(4)(和/英) マルコフモデル / Markov-chain model  
キーワード(5)(和/英) FD MAC / FD MAC  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 耕輔 / Kosuke Sanada / サナダ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 香津夫 / Kazuo Mori / モリ カズオ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-18 13:50:00 
発表時間 90 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-117 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.250 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会