お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-18 13:50
[ポスター講演]受信信号強度を用いた無線センサネットワーク協調形UAV移動経路制御手法
内田悠太山崎 託三好 匠芝浦工大)・上田清志日大NS2018-118
抄録 (和) 近年,UAV を用いた宅配サービスに関する研究開発が積極的に行われているが,落下した場合における安全性等の問題により市街地での運用は困難である.一方市街地では,スマートメータと呼ばれる無線通信機能を有した電力量計が普及しており,大規模な無線センサネットワークが構築されることとなる.本稿では,UAV と無線センサネットワークが協調し,UAV が地上安全性を考慮した経路を飛行する手法を提案する.提案手法では,ネットワークが飛行経路を構築し,UAV は次に向かうべきノードから送信される信号の受信信号強度を基に経路に沿って飛行する.また,コンピュータシミュレーションにより,UAV の挙動を検証する. 
(英) UAV delivery services have been studied and developed actively. However, the operation of these services in urban areas is difficult due to problems such as safety on the ground when the UAV crashes. In urban areas, meanwhile, watt-hour meters with wireless communication functions called smart meters are in widespread use and are expected to form a large-scale wireless sensor network. This paper proposes a UAV navigation method considering ground safety by cooperating between UAV and a underlying wireless sensor network. In the proposal method, the sensor network constructs a flight path of the UAV, and then the UAV flies along the path using received signal strength of the wireless signal transmitted from the next node to go. This paper also verifies the behavior of the UAV by computer simulation.
キーワード (和) UAV / 経路制御 / 無線センサネットワーク / スマートメータネットワーク / 受信信号強度 / / /  
(英) UAV / navigation / wireless sensor network / smart meter network / RSSI / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 250, NS2018-118, pp. 65-68, 2018年10月.
資料番号 NS2018-118 
発行日 2018-10-11 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-118

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 京都教育文化センター 
開催地(英) Kyoto Kyoiku Bunka Center 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ,P2P,ユビキタスNW,スケールフリーNW,アクティブNW,NGN・新世代NW),次世代パケットトランスポート(高速Ethernet,IP over WDM,マルチサービスパケット技術,MPLS),グリッド,一般 
テーマ(英) Network architecture (Overlay, P2P, Ubiquitous network, Scale-free network, Active network, NGN, New Generation Network), Next generation packet transport (High speed Ethernet, IP over WDM, Multi-service package technology, MPLS), Grid, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-10-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 受信信号強度を用いた無線センサネットワーク協調形UAV移動経路制御手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) UAV Navigation Method Cooperated with Wireless Sensor Network Based on Received Signal Strength 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UAV / UAV  
キーワード(2)(和/英) 経路制御 / navigation  
キーワード(3)(和/英) 無線センサネットワーク / wireless sensor network  
キーワード(4)(和/英) スマートメータネットワーク / smart meter network  
キーワード(5)(和/英) 受信信号強度 / RSSI  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 悠太 / Yuta Uchida / ウチダ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 託 / Taku Yamazaki / ヤマザキ タク
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 清志 / Kiyoshi Ueda / ウエダ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-18 13:50:00 
発表時間 90 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-118 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.250 
ページ範囲 pp.65-68 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会