電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-18 11:35
GHz帯短パルスばく露における温度上昇解析
小寺紗千子平田晃正名工大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 国際ガイドラインでは,局所ばく露に対する安全指針として,10GHzまでの周波数帯では10g平均SAR(Specific Absorption Rate [W/kg])が定められており,その平均時間は6分間としている.それよりも高い周波数帯では,入射電力密度が用いられている.2018年7月に発表されたICNIRPのパブリックコンサルテーション版では,6GHzよりも高い周波数において,新たな指標としてTPD(Transmitted Power Density [W/m2])が導入された.また,6分以下の短時間ばく露における過度な温度上昇を避けるために,6GHz以下ではSA(Specific Absorption [J/kg]),6GHz以上ではTED(Transmitted Energy Density [J/m2])が定められている.しかしながら,単一パルスや連続パルスばく露における温度上昇を評価した研究はほとんどない.本稿では,多層直方体モデルを用いて短時間ばく露における温度上昇を計算した.まず,短パルスばく露における温度上昇が,管理環境下における定常温度を超えることを示した.次に,回帰曲線によるパルスばく露の持続時間依存のSA制限値を提案し,連続パルスへの適用性を確認した. 
(英) In international guideline/standard for protection from radio-frequency electromagnetic fields, the specific absorption rate (SAR) averaged over 10 g of tissue is used as a physical quantity to prevent local temperature elevation. The averaging time of SAR is set to 6 min for local exposure. The ICNIRP public consultation document introduced a new physical quantity, transmitted power density (TPD), as the basic restriction above 6 GHz. In addition, the limit for the specific absorption (SA) and transmitted energy density (TED) were set to avoid heating for brief exposures (shorter than the averaging time of 6 min). However, to our knowledge, no study evaluated the temperature elevation for single/multiple pulses whose energy satisfies that for 6-min continuous waves. This study computed the temperature elevation for brief pulse exposures based on bioheat computation. We first confirmed that the peak temperature elevation exceeds the steady-state temperature. We then proposed the limit of SA from the regression curve depending on the duration of brief-pulse(s) exposure. The time course of temperature elevation in the multi-layer cube model was computed for typical scenarios of multiple pulses exposures. The SA and TED based on the regression curve can be used as a metric to prevent excess temperature elevation for different brief exposure scenario.
キーワード (和) 生体熱輸送方程式 / 温度上昇 / パルスばく露 / / / / /  
(英) Bioheat transfer equation / Temperature elevation / Brief exposure / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 249, EST2018-59, pp. 17-21, 2018年10月.
資料番号 EST2018-59 
発行日 2018-10-11 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EST MW EMCJ IEE-EMC  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 八戸商工会館(青森県八戸市) 
開催地(英) Hachinohe Chamber of Commerce and Industry(Hachinohe city, Aomori) 
テーマ(和) シミュレーション技術・EMC、マイクロ波、電磁界シミュレーション、一般 
テーマ(英) Simulation techniques, EMC, Microwave, Electromagnetic field simulation, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2018-10-EST-MW-EMCJ-EMC 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) GHz帯短パルスばく露における温度上昇解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Temperature Elevation for Brief Exposure in GHz Region 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 生体熱輸送方程式 / Bioheat transfer equation  
キーワード(2)(和/英) 温度上昇 / Temperature elevation  
キーワード(3)(和/英) パルスばく露 / Brief exposure  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小寺 紗千子 / Sachiko Kodera / コデラ サチコ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 晃正 / Akimasa Hirata / ヒラタ アキマサ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-18 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EMCJ2018-37,IEICE-MW2018-73,IEICE-EST2018-59 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.247(EMCJ), no.248(MW), no.249(EST) 
ページ範囲 pp.17-21 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2018-10-11,IEICE-MW-2018-10-11,IEICE-EST-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会