電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-18 15:00
リング共振器構造を有する全光半導体ゲート型モード同期レーザの出力量子効率決定要因分析研究および高効率動作事例報告
石田耕大岡野謙悟長坂恭輔バトフヤグ ガンバト石井幸弘竹下 諒上野芳康電通大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) モード同期レーザは光時分割多重用クロック光源や希薄気体分子の分光用光源への応用が期待される.上記応用へ向けて,我々は全光半導体ゲート型モード同期レーザにおいてパルス幅1 ps以下のパルス発振や各光コム成分の線幅2 MHz以下を達成した.しかし,出力取り出し平均光パワーは共振器内に含めたEDFAの利得を高めても0.2 mWであり,外部微分量子効率も0.5%と低かった.そこで,本研究の目的は本モード同期レーザにおける外部微分量子効率の調査およびその改善とした.調査の結果,外部微分量子効率はEDFA出力後からパルス出力取り出し位置までの損失に依存する事が判明し,これらの間の損失を減らす事で外部微分量子効率は5.9%を得た.これは本モード同期レーザの損失がリング共振器内で不均一に存在しているためであると推定した. 
(英) We are expecting that mode-locked lasers are potentially one- or two-step more functional light sources when they are adopted in optical time-division-multiplexing (OTDM) communication systems, dilute-special-molecule’s gas-sensor systems, etc. in the future industry and/or biological research, than conventionally implemented basically-continuous-wave-laser sources. Before this work, we had demonstrated very narrow 0.6-ps widths of pulses, narrower-then-two-MHz linewidth of each of the many 10-GHz-spaced optical-frequency-comb components, etc. generated by our original all-optical-gate-type mode-locked lasers we experimentally fabricated. Their max average output power was, however, around 0.2-mW, while their external quantum efficiency was around 0.5% only. In this work, we have studied our mode-locked laser’s ring-laser-cavity configuration including its topology more carefully, for modelling and then enhancing its output quantum-conversion efficiency. The amount of optical insertion loss from the intra-cavity loss-compensation amp’s output port through the cavity-output-coupler has turned out to be the most influential. By decreasing this portion’s loss with a few more attentions, this laser’s quantum efficiency has successfully been enhanced to 5.9%, while its average output power was to 12-mW
キーワード (和) モード同期レーザ / 光コム / 外部微分量子効率 / 全光半導体ゲート / / / /  
(英) mode-locked laser / optical frequency comb / external differential quantum efficiency / all-optical-gate / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 253, LQE2018-60, pp. 41-46, 2018年10月.
資料番号 LQE2018-60 
発行日 2018-10-11 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OPE LQE OCS  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 佐賀県教育会館 第1会議室 
開催地(英)  
テーマ(和) 超高速伝送・変復調・分散補償技術,超高速光信号処理技術,広帯域光増幅・WDM技術,受光デバイス,高光出力伝送技術,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2018-10-OPE-LQE-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リング共振器構造を有する全光半導体ゲート型モード同期レーザの出力量子効率決定要因分析研究および高効率動作事例報告 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on our all-optical-gate-type mode-locked laser's ring-laser-cavity configuration for modelling and then enhancing its output quantum-conversion efficiency 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モード同期レーザ / mode-locked laser  
キーワード(2)(和/英) 光コム / optical frequency comb  
キーワード(3)(和/英) 外部微分量子効率 / external differential quantum efficiency  
キーワード(4)(和/英) 全光半導体ゲート / all-optical-gate  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 耕大 / Kodai Ishida / イシダ コウダイ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The university of electro communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 謙悟 / Kengo Okano / オカノ ケンゴ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The university of electro communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長坂 恭輔 / Kyosuke Nagasaka / ナガサカ キョウスケ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The university of electro communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) バトフヤグ ガンバト / Batkhuyag Ganbat / バトフヤグ ガンバト
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The university of electro communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 幸弘 / Yukihiro Ishii / イシイ ユキヒロ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The university of electro communications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 諒 / Makoto Takeshita / タケシタ マコト
第6著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The university of electro communications (略称: UEC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 芳康 / Yoshiyasu Ueno / ウエノ ヨシヤス
第7著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The university of electro communications (略称: UEC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-18 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-OCS2018-35,IEICE-OPE2018-71,IEICE-LQE2018-60 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.251(OCS), no.252(OPE), no.253(LQE) 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2018-10-11,IEICE-OPE-2018-10-11,IEICE-LQE-2018-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会