お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-12 11:15
騒音制御下における帰還系の再推定法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大EA2018-61
抄録 (和) 本検討では,騒音制御下おいて帰還系を再推定する方法の1つを提案する.騒音低減効果を高く維持するためには帰還系の相殺誤差は一定値以下に保つ必要がある.しかし,動作中の相殺誤差は小さく.1次騒音に埋もれて再推定には時間がかかるという問題がある.本検討では,相殺誤差を所定値以下とする保証を与えられる帰還系再推定法を提案するとともに,その再推定に要する時間を短縮する方法も併せて提案する. 
(英) In this paper, we propose a method capable of re-estimating the feedback path under active noise contol. The cancellation error of the feedback path is reuired to be kept at lower than a designed level. The cancellation error, however, is burried in the primary noise. Accordingly, it takes a long time to estimate the error with the low designed level. In this paper, we proposes a method capable of guaranteeing the cancellation error to keep at the designed level and also reducing the time neccessary for the re-estimation.
キーワード (和) 収束判定 / 相殺誤差 / 連立方程式 / ステップサイズ制御 / 音響系変化 / / /  
(英) convergence detection / cancellation error / simultaneous equations method / step size control / acoustic path change / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 234, EA2018-61, pp. 53-58, 2018年10月.
資料番号 EA2018-61 
発行日 2018-10-04 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2018-61

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2018-10-11 - 2018-10-12 
開催地(和) いわき産業創造館(いわき市) 
開催地(英) Iwaki business Innovation Center (Iwaki) 
テーマ(和) 応用/電気音響,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2018-10-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 騒音制御下における帰還系の再推定法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on method for re-estimating feedback path under active noise control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 収束判定 / convergence detection  
キーワード(2)(和/英) 相殺誤差 / cancellation error  
キーワード(3)(和/英) 連立方程式 / simultaneous equations method  
キーワード(4)(和/英) ステップサイズ制御 / step size control  
キーワード(5)(和/英) 音響系変化 / acoustic path change  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 健作 / Kensaku Fujii / フジイ ケンサク
第1著者 所属(和/英) コダウェイ研究所 (略称: コダウェイ研)
KOdaway Laboratory (略称: KOdaway Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 棟安 実治 / Mitsuji Muneyasu / ムネヤス ミツジ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-12 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2018-61 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.234 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-10-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会